AUTHOR

    Yoshihiro Saitoh

    東京近郊で手軽に釣れるゲームフィッシュ、シーバスを追いかける日々。復活した釣り欲にまかせて他の釣りも復活&チャレンジ中。シーバス歴はようやく3シーズン目なので色々差し引いて読んで下さいね。セイゴもフッコも釣れれば嬉しいじゃない、派

RELATED SITE

shore_many_reds

真鯛「超」爆発とギア殉職の上五島磯遠征

DATE : 2016.01.06

CATEGORY : シーバス, マダイ, 釣行記


sei_on_rock

2015秋の事になりますが上五島にヒラスズキの遠征に行ってきました。シーバス釣りをしているとウェーディング>ウェットスーツとだんだん装備が本格的になっていきがち。これはやっぱり人が少なくプレッシャーの少ないところで釣りをしたいというアングラーの本能。それとエクストリームな環境の冒険に憧れる漢のロマン(って言うとメンドくさいっていう女の子が多いのは気のせいでしょうか)とを満たしてくれる。体力も必要だし危険もある。釣れない可能性も高い。でもアングラーを引きつけてやまない魅力がある。。。。らしい。

話には聞いていたけれど、なかなか足を踏み出すことができなかった磯の釣り。今回はLONGINフィールドテスターのランカーハンターこと対馬さんの遠征に同行させてもらってその魅力を全身で味わってきました。ウエットの選び方など、準備はいろいろと前回の遠征に行っていた伍長に聞きまくりました。

tsushima_stand

磯に立つ対馬さん。運動神経抜群。

moutain_monkey

磯を登る。

tsushima_in_the_sea

港に飛び込こむ。野生そのまんまです。

ターゲットのヒラスズキは残念ながら3泊4日の行程全て凪でサラシが出ず。細かい釣りもしたのですが、バイト・ヒットはあったものの二人ともキャッチできず。
でも対馬さんお知り合いのローカルアングラーとの出会いでなんとショアから真鯛が爆発!

red_max_sa

red_max_sei

デイでヒラスズキが出なくて悶々とする中、睡眠を削って決行した夜の堤防や磯からのまさかのランカー真鯛爆釣劇。体が痛くなるくらいのガチンコパワーファイトを楽しんできました。

shore_many_reds

このあたりのくだりやヒットパターンは対馬さんのブログを。キビナゴが一面を埋め尽くすとてつもない状況は関東では考えられないほどの生命感に溢れる海。

「凪倒れ!悪戦苦闘の九州遠征!」
「前代未聞の真鯛フィーバー!」
「Last Nightに現れた赤い怪物。」

テスターのテクニック、タックルに関する考え方、釣りへの真剣さを目の前で見ることができて本当に良い経験になりました。感謝!

そして、同行していないのに(笑)状況がよくわかっていらっしゃる居酒屋ブログはこちら。九州遠征はご飯もお酒も美味しいし最高。真鯛を勝手に送りつけました。

「今年は房総の磯師が『計画的』に福岡へやってきた!今年もヒラスズキが獲れるのか!?Vol.1」
「今年は房総の磯師が『計画的』に福岡へやってきた!今年もヒラスズキが獲れるのか!?Vol.2」
「今年は房総の磯師が『計画的』に福岡へやってきた!今年もヒラスズキが獲れるのか!?Vol.3」

磯という厳しいフィールドで海と対峙すると、いい加減にしていた部分が増幅されてクローズアップされる。

avalice

ロッドの性能をフルに使って曲げるパワーファイトに耐えてくれるリップリフィッシャーのアバリス106MH。これにPE1.5-2.0のラインを介してファイトすると、PEとリーダーの結束、ルアーとの結合、スプリットリング、フック、どこか一つが弱くても磯では魚を取ることができない。頭をこちらに向け続けるファイトスタイルは一瞬たりとも気が抜けない。アドレナリンは出っぱなし、今回も最高の遠征になりました。

が、、、。ウェットを来て磯を歩くこの釣りはそれなりに過酷です。

sa_on_rock

今回の遠征で殉職したギア達の鎮魂を込めてここに挙げておきます。このリストこそがこの釣りを最もよく表していると思います。

Daiwaセルテート3012H スイムで水没したりガチドラグのパワーファイトで逆転現象とゴリゴリ感が取れなくなりました。ちなみに一年も使っていません。マグシールド、、、、。
KAHARA ザ・フィッシュグリップ 重量が測れなくなりました。あと岩にぶつけて変形しました
偏光グラス ZEALOPTICS STELTH 波のセットを喰らってサングラスは吹っ飛びました
デジカメ ソニーDSC-TX30 磯にぶつけて変形。蓋が閉まらなくなりました
ストリンガー これは良くわからないけど帰ってきたら無くしてた
ルアー達 ・・・考えないようにします。レビンライトとレビンヘビーは買い足す。ロウディーも買う。

lures

しかし、、、最もロストしたのは「体力」。オーバー40、、、頑張ったけど最後は疲労困憊で倒れこみました。

sa_laydown

もう立てません。。。。春のシーズンまでの間にもっと鍛えておかないと!鍛錬あるのみです。
このあと関東では思うような釣果が上がらないリズムの悪い期間を過ごすことになったのですが(まだ解消されてません)それもまた釣りの奥深さ。
もう一度基本を見直して2016年の釣りを楽しんで行こうと思います。

TACKLE DATA

ROD: Ripplefisher Avarice106MH
REEL: DAIWA CERTATE 3012H スタジオオーシャンマークハンドルノブ
LINE: YGK UPGRADE PE 1.5
LEADER; DUEL CARBONYLON 40lb

FIELD DATA

上五島

POPULAR TAGS

フライ (1) ,