AUTHOR

    Yoshihiro Saitoh

    東京近郊で手軽に釣れるゲームフィッシュ、シーバスを追いかける日々。復活した釣り欲にまかせて他の釣りも復活&チャレンジ中。シーバス歴はようやく3シーズン目なので色々差し引いて読んで下さいね。セイゴもフッコも釣れれば嬉しいじゃない、派

RELATED SITE

eye

悪天候のカツオキャスティングゲーム@波崎

DATE : 2016.05.15

CATEGORY : カツオ, 釣行記


ゴールデンウィークも終盤、夏のオフショアシーズンを前に肩慣らしということでカツオのキャスティングゲームに行ってきました。ナブラを探してタイミングを合わせて投げるゲーム性の高い釣り。タックルはほぼシイラと同様です。銚子大橋側、波崎の信栄丸で出航です。

ルアーは小型のジグやミノーを中心に揃えていきます(備忘録も含めて持ってないのも書いておきます)
ジグ:ブルージャック50g、スキルジグ、オゴジグなど。キャスティングなのでスイム系のジグを。
ミノー:ピンテールチューン、ピンテールEZ、ベゼル、フリッツなど。ジグミノーのカテゴリーですね。あとはアトゥーラとかオシアペンシルのスキッピング仕様など。

ただ、この日は、、、

h_sea01

h_sea02

風速は13-15m,うねりは3m近いかなりの荒天で、天気もめまぐるしく変わる。晴れたかと思えば急に雨。頭から潮をかぶるような状況で、キャストもままならない。結局はジグしか投げることができませんでした。活性もそれほど高くないので、

ナブラ発見>急行>一投目or二投目しか食わない>ナブラ消滅

というパターンを延々繰り返す。相当タイミング良く投げないと食わせられない様子。状況の良い時はナブラのど真ん中に入れてもヒットし続けるような感じらしいですが、この日はカツオの向かう方向を意識してそちらへ投げたときにヒットしていました。着水すぐの早巻き、少しジャークを入れても良い感じです。

そんなパターンなので、延々と魚を探す時間が続きます。

watch01

結構波が高い。。。

watch02

移動中も沖を見ながら鳥と潮目を探していきます。

watch_up

TIEMCOサイトマスター/タレックストゥルービュースポーツの組み合わせ。波を被っているのでレンズに水滴がついています。このくらいの天候だと基本的にはずっと偏光サングラスは付けっぱなし。安全の為にも必ずこれはしておきたいし、目の疲労がぜんぜん違うので集中力が持続する。かなり雲が多い時でもこの程度の濃さのレンズだと見やすいし、晴天でもまぶしくて大変というレベルではないので、この色で通しています。

bonite

全体的にしんどい釣りでしたが、なんとかキャッチ。お世話になっている釣具屋さんにおすそ分けしたりして、一本だけ美味しくいただきました。

katuo

ピカピカ。夏ー秋が旬と言われますが、脂の乗りも上品で美味しい。

eye

目がカワイイ。愛嬌があるけれど、かかったらなかなかのファイター。

tataki

間違いのないタタキ

karaage

竜田揚げ。これも間違いない。

まだまだシーズンまっさかりのこの釣り。波崎の信栄丸は大型船で船も新しくとても綺麗で釣りやすい。全体的にギスギスはしていないし船長も優しい。なんと帰港したらお食事のサービスも!!カレー美味しかった、、、あと生シラスも。ちなみに、イナワラのジギング船も同じ場所から出ていますが、こちらは安定した釣果が出ています。練習にもぴったりだし、東京湾より釣れる可能性が高いと思いますので、ぜひお出かけくださいませ。高速乗ってしまえば東京から約2-2.5時間とそれほどストレスには感じない距離だと思います。

TACKLE DATA

ROD: DAZZLER 742 / MCWORKS
REEL:SALTIGA 4000 / DAIWA
LINE:FULLDRUG PE2.5
LURE:BLUEJACK 50g (ピンクスポット)/ surprise

FIELD DATA

波崎 信栄丸 

POPULAR TAGS

フライ (1) ,