AUTHOR

    Ayano Inoue

    釣り歴数年。主に神奈川、千葉、東京、静岡らへんで釣りしています。釣った魚を美味しくいただけるように料理の腕を磨くこと、あと地味に100魚種を釣るのを目指してます。

RELATED SITE

ika-fb

念願の投入機、ヤリイカ!

DATE : 2016.11.02

CATEGORY : ルアー,


投入機……

31oEFHMLsXL

釣りを始めてから、ずっと気になっていた投入機!
※投入機:イカを釣るときに使う

初めて見た時は、これを一体どうやって釣りに使うんだろう……と思ったものです。

これが私の大好きなイカの釣りに使うものと知ってから、いつかは! と思ってましたが、ビギナーには難しいぞ、オマツリするぞ(糸が絡む)と耳にしてからは縮こまっていました。

10月下旬、やっとこさ、ヤリイカ釣りにチャレンジしてきました。

今回もまた、金沢八景(神奈川)にある一之瀬丸さんにてチャレンジ。

ということで、船長さんと、船の上でお客さんや船長さんをヘルプする中乗りさんに、ヤリイカは初めてということを素直に告げて、まずは中乗りさんにプラヅノ(プラスチックでできた、仕掛け)の落とし方を教えていただきました。

一之瀬丸さんでは、プラヅノの長さ11cm推奨で、ビギナーは3または4本で十分だそう(糸が絡み合う「オマツリ」をしちゃうから)。

これがプラヅノ↓(左から2番目は「スッテ」と呼ばれるもの)

IMG_1670

IMG_1671 ↑一応これも買っておいたので仕掛けと道糸の間に装着。海の中で仕掛けがくるくる回って糸がよれてしまうのを防ぎます。が、潮の流れの影響を受ける気もする。。

タックルはレンタル。電動中型でPE4号でした。オモリは150号。重いけど、潮で流れるからでしょう。 にしても、プラヅノって、餌は使わないからこれもルアーみたいなものなのかなあ?

 

筒ごとにプラヅノ入れるとか、システムもわかるし想像通りだけど、何が難しいって、私の場合はたぶん、度胸をつけること……。

というのも、オモリ150号(+プラヅノ仕掛け)を利き手ではない左手できれいにまっすぐ投げられるかどうか(コントロール悪く斜めに投げて、隣の人に迷惑かけないかとか)、とかとか、投げたところでプラヅノが投入機(割れてささくれてたりする)にラインが引っかかり、ラインが切れてオモリをなくすんではないか、とか想像力が働いてしまい、こわくて投げられない(投げるけど)。

とりあえず自信がないので遠くに投げられず、手前に落ちてしまう。

度胸さえ、つければ……(たぶん普通に2-3回やれば慣れます)。

ということで、オモリ(仕掛け)を投げるという関門を突破したあとは、グイーンと竿先を上げて、竿先を下げてる分、巻く

これを、繰り返して合計10mくらい巻いたな、と思ったら、もう10mほど巻いて、落とし直す。これを繰り返す釣りです。

dd 竿先を下げるときは、しゃくった分のラインを巻きましょう。

イカの移動は早いらしく、ポイントに長くは停船しません、なので船長さんから「どうぞ」とアナウンスがあったら一斉にオモリ(仕掛け)を投げます。オマツリ防止ということもありそう。

アタリは「のそっ」っと乗ったり、稀にわかりやすいアタリがあるけど、そういうのにかぎって乗らない。(ちなみに外道はサバなので、かかってしまったらすぐ糸を巻いて取り込む)

シャクった時(プラヅノが方向を変える?)に乗るイメージがありましたが「のそっ」です。 むむむ!?乗った?と思ったら竿先も目視して確認。

電動はほどよい速さで上げます(あんまり速いと足、切れちゃうから)。

そして、イカはすぐに船に入れないと、落ちる(外れる?)。何度落ちたことか。。 ika

しかし、何度かやっているうちに、あ、いまのアタリ? とわかる時がチラホラ。

竿先を見て、グググ・・と違和感のある震えを目視することや、手応えで重いな、と気がつけるようになりました。

そして、念願の沖漬け(材料は同行の釣り友が用意してくれました、ありがとう)をしてみました。 FullSizeRender 2 麺つゆにイカを入れる時は、塩を吐き出させたあとじゃないと塩っ辛くなるそうです。

結果、釣果は10杯。常連さんは20杯台、竿頭はなんと40杯とのこと。

刺身は、歯ごたえがけっこうあるので、私は2〜3日冷蔵庫で熟成させたもののほうが好み。

帰宅後、やりました。一夜干しを・・! おろしたイカを、塩水に20分くらい漬けて↓ IMG_1689 干す。

朝起きたら、でき上がり。半生状態。 おいしい! IMG_1699 仕上がった一夜干し

FullSizeRender 3 ついでに余ったゲソやエンペラを燻製に。イカクン。

FullSizeRender
イカクンは大成功。味付けなにもしませんでしたが、おいしい。

とりあえず、ヤリイカ、満喫しました。

投入機とプラヅノで恐れている方は、ひとまずプラヅノは本数少なめで、空いている日に行くのがよさげ。うまくいけばひとつの仕掛けで3杯も4杯もつけることも。

アタリがいまいちわからないので集中したり、竿先を注意深くみたり、シャクり方、プラヅノの動かし方や、タナを探るなど、やれることが多くて面白い釣りでした……!

おまけ ↓イカの提灯がすごかった、サイケデリック!

TACKLE DATA

レンタル
PE4号
オモリ150号

POPULAR TAGS

館山 (2) , カワハギ (2) , ティップラン (1) , アオリイカ (1) , アマダイ (1) , シロギス (1) , 忠彦丸 (1) , ヒラマサ (1) , ジギング (1) , シーバス (1) ,