AUTHOR

    gocho

    BURITSU内の愛称は伍長。職業カメラマン。幼少の時「釣りが好き過ぎてヤバい...」と自覚。それ以来、釣りの魅力にハマるのを恐れ自主規制を開始。30年後、規制緩和してから一生の趣味として釣りと向き合う日々を送っている。河川と磯が好きなルアーアングラー。

RELATED SITE

IMG_8615

Megabass KANATA 落ち鮎パターンで実力発揮!

DATE : 2017.11.26

CATEGORY : シーバス, 河川,


こんにちは。
今回、大型シーバスが釣れる可能性の高い「落ち鮎パターン」をTEAM BURITSU増尾さんの船から お伝えしたいと思います。先日アップされたBURITSU編集長の記事で編集長と増尾さんはランカー含めた大型シーバスを連発されていました。

masu
lan

 

 

落ち鮎パターンとは?

落ち鮎パターンって何?と感じる方もいらっしゃると思うので実釣レポートの前に 軽く落ち鮎パターンに関して触れたいと思います。河川によって差はありますが、時期的には10月中旬から12月上旬。産卵を終え力尽きた鮎が川を下ります。

人間が食べても美味しい鮎は、シーバスにとって捕食しやすい絶好の餌。この落ち鮎に似せた動きで、大型ルアーを操りシーバスを釣るのが落ち鮎パターンになります。各メーカーから鮎を模したルアーが多数リリースされているので、自分の好みや釣り方に合ったルアー、厳しい状況でも信じて投げ続けられるルアーを見つけて頂ければと思います。ルアーのサイズは、基本的に餌と似たサイズのルアーが良いです。

23874529_1617881381608965_388317895_o
photo:Yoshito Yanagida

 

ルアーの操作は?

基本的に力尽きた魚が河川を流れ下っていく様子をイメージしながらルアーを流します。ルアーが流れの中を自然に漂う感じが良いです。ルアーをアップに投げたら糸フケだけ回収して下さい。

ラインコントロールは?

アップキャストの場合、上流側へキャストしたら次はラインコントロールです。キャストによって出たラインは、ライン全体で水の流れを受けU字型になりながら下流側へ流れ始めます。キャスト角度を変えたり、川の流速が変わる事によってU字が様々な形に変化します。(幅や形や大きさ)U字の形が変化するとルアーの進行方向、角度やスピードも変わるので状況に合ったルアーの漂わせ方を見つけてください。U字のループ形状と水の流れを意識しながらルアーをコントロールすると楽しいと思います。

餌が溜まりそうな淀みをダウンキャストで狙う場合、下流側に出来るU字型で狙った淀みを囲い込む様にします。ロッドを使ってラインを誘導して下さい。たまにロッドを使ってチョンチョンと鮎が流れに逆らおうとする様を演じながら淀み全体を探ると効率が良いと思います。U字が流されて消え、ラインがまっすぐになったらルアーを回収してください。

Megabass KANATAを使った落ち鮎パターンの実釣

今回、満潮からの下げ始めから釣行を開始しました。
下げ潮が効き始めた頃、流れが利いている場所へルアーを投げていきます。ルアーはMegabass KANATAなんとなく…使った事の無いKANATAが気になり増尾さんから お借りしました。最初は1番流れが利いている場所を餌が漂流して来るだろう?という事で流心を色々な角度でアップキャストしてルアーを流すと良型が喰らい付いてきました!
IMG_8602
IMG_8608

リリース後、少し流速が増してきたので 淀みをダウンで狙うと、猛烈なツッコミを繰り返すファイターと出会えました!

IMG_8615

はち切れそうなパンパンな お腹をしてます。見惚れてしまいました。増尾さんから記念に お借りしたルアーを頂く事になりました。殿堂入りコレクションに加えようと思います。ありがとうございました。

IMG_8614

IMG_8623

貫禄ある体高。なかなか巡り会えない魚体に感動しました!

増尾船長はベイトタックルを使いピンポイントへエレメンツのダヴィンチを流し込んで良型を連発! ベイトタックル+リップの無いジョイント系ルアーを使い自然に流すテクニックを駆使していました。

IMG_8636

Daiwaのモンスターウェイクでも良型をHIT!!
IMG_8643

落ち鮎パターンの魅力

何と言っても落ち鮎パターン最大の魅力は、場所とタイミングが合えば大型シーバスと出会える機会が多い事だと思います。コノシロパターンの様にコノシロの群が動き回って翻弄される事も無く、自分が決めた場所とタイミングで大型を狙う楽しさは年間を通して なかなか無いと思います。また、パワフルな大型シーバスとのファイトも魅力的です。皆様も是非 やってみてください。

感謝

釣行プランニング、立ち位置、ルアー、ネットイン含めTEAM BURITSUの増尾さんに全てお世話になりました。ありがとうございました!

 

今回メインで使用したルアー

 

TACKLE DATA

ロッド:シマノ オシアARC806
リール:シマノ ツインパワー4000(ローギア)
ライン:PE1.5号
リーダー:20lb

POPULAR TAGS

シーバス (27) , 黒鯛 (17) , (12) , 磯マル (8) , ヒラスズキ (6) , チヌ (5) , シマノ (4) , バチ抜け (4) , バイブレーション (3) , LONGIN (3) , キビレ (3) , Nikon 1 AW1 (2) , ボートシーバス (2) , エクスセンスDC (2) , levin (2) , varid70 (2) , 凄腕 (2) , fimo (2) , 涸沼 (2) , 五島 (2) ,