2015年9月

【シーバスシーズン到来】ペンシルベイトで釣りたい!

2015.09.28

【シーバスシーズン到来】ペンシルベイトで釣りたい!

気がつけば秋のシーバスシーズン開幕ですね。 知り合いから、入れ食いしたとかメーター獲ったとか、景気の良い話がバンバン入ってくるようになりました。 今年はなかなか忙しくシーバスにぜんぜん行けてい...

【利根川釣行】グーバー荻野ガイドにお世話になりました!

2015.09.10

【利根川釣行】グーバー荻野ガイドにお世話になりました!

先日、知り合いのお誘いで荻野さんの利根川ガイドにお邪魔してきました。 荻野さんは都内のグーバーというルアーショップのスタッフで、シーバスも大得意の超ベテランです。 フェロモンチェリーやフェロモ...

【ダッジ釣れ過ぎ!】またまた出ました水路のビッグワン

2015.09.03

【ダッジ釣れ過ぎ!】またまた出ました水路のビッグワン

締め切りから解放された先週は釣りばっかり行ってました。 前回の50センチの数日後は、夕マズメだけ亀山ダムへオカッパリ。 すると、またまた出ちゃいましたよ、ダッジに! 40センチ弱だと思います...

AUTHOR

    JUICY

    『これは夢なのか、現実なのか・・・。暑い真夏の夜、過熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する』

    『人は皆、己自身が震えたつが如き怪物を飼っている。
    怪物をむき出しにする種族は、地下の煉獄へ追いやった。
    地の底に人が作りし煉獄で彼は生まれた。
    誰よりも己の内なる怪物を彼は憎悪し、彼は愛した。
    彼は第二の母と、彼らを地下に追いやった者達の住む世界へと登った。
    だが、その時既にして、地上の世界はそこに居続けた人々と同様、ゆっくりと死の時を待っていた。
    地上は冥府。
    人という種と、人という種が築いた世界の黄昏。
    彼は、そこで父と言う名の亡霊と出会った。
    彼と共に居た、彼の第二の母は、冥府に留まった。
    そして彼は再び、彼が生まれた地下の煉獄へと戻る。
    そここそが、彼の生きる世界。
    煉獄こそが、人なる種族が最後にいるべき世界。』

RELATED SITE