AUTHOR

    JUICY

    『これは夢なのか、現実なのか・・・。暑い真夏の夜、過熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する』

    東京都在住のフィッシングフリーライター。小学生高学年でバス釣りをはじめる。海洋学部卒、築地水産会社、釣具店スタッフ、出版会社を経て現在に至ります。

RELATED SITE

IMG_9526

【ラスト1分のドラマ魚!】久しぶりの野尻湖釣行

DATE : 2016.06.01

CATEGORY : ブラックバス


約一ヶ月振りの釣行は、長野県は野尻湖へ。

前回の釣行から、この釣りを楽しみに仕事をがんばってきました。

仕事でいつもお世話になっているネコ人間パイセンという方がいるのですが、彼は野尻湖にバスボートを置き、解禁から毎週のように野尻湖に通う野尻湖マスター。

以前にもバスボートに乗せてもらって野尻湖を案内してもらったことがあります。

今回は1泊2日の行程。当時のように大船に乗ったつもりで、野尻湖を楽しむことに。

野尻湖はスポーニングシーズン真っ只中。

釣り的には、サイトで狙う方法と、アフターの魚をブラインドで狙う方法、また、ワカサギパターンで表層系で狙う釣りの3種類で展開。

初日はこれら3種類の釣りを織り交ぜていき、いい感じに釣れてくれました。

IMG_9508

IMG_9509

IMG_9511

IMG_9513

IMG_9529

IMG_9518

IMG_9519

IMG_9521

IMG_9523

IMG_9528

ネコ人間パイセンは、僕に釣りを教えてくれつつも、49センチを頭にグッドサイズを複数キャッチ。

天気もよく、楽しい釣りができました。

野尻湖のボート釣行時間は朝7時から夕方4時までと短い。なので、ボートを降りてからはオカッパリで2時間以上楽しめます。

見えていたビッグワンをゾーイでキャッチ。

IMG_9532

2日目は、サイトではなく、アフターの魚をメインで狙うことに。

パイセンは40後半サイズを連発させていきますが、僕はどうもその釣りにアジャストできず苦戦。

なかなかサイズが伸びません。

IMG_9539

IMG_9538

IMG_9547

ランチは2日間とも、湖畔のランバージャックというお店に。

オシャレな店づくりで、料理もイケてました。

IMG_9526

IMG_9542

IMG_9545

なかなかビッグワンに巡り会えないまま時間が経っていき、気がつけば戻らなければならない終了5分前。

ラストチャンスに掛けてキャストしたのはイモグラブ。

ボトムまでフォールさせて、ラインを張ってずる引きを開始しようとすると、ここで奇跡のようなヒット。

時間をかけてゆっくりをファイトして、最後は無事キャッチ。

今回の最大魚でした。

急いで写真を撮ってリリースしたのは下船まで1分前。

すぐに桟橋に引き返して、ぎりぎり間に合いました。

DSC_0987

桟橋に戻ってからは、またオカッパリにシフト。

たまにワカサギを狙ってボイルしているので、それらをめがけてロングキャスト。

サイズはいまいちでしたが、奇麗なバスが何匹か釣れてくれました。

IMG_9557

お世話になったボート屋さん

シースピリット&一番館 http://www.seaspirit.jp

POPULAR TAGS

ダッジ (4) , RAID JAPAN (3) , DODGE (3) , 怪魚 (1) , ライトソルト (1) , オカッパリ (1) , ブラックデュラゴン (1) , 霞ヶ浦 (1) ,