AUTHOR

    JUICY

    『これは夢なのか、現実なのか・・・。暑い真夏の夜、過熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する』

    東京都在住のフィッシングフリーライター。
    釣り歴は20年ほど。海洋学部卒、築地水産会社、釣具店スタッフ、出版会社を経て現在に至ります。

RELATED SITE

IMG_0471

【晩夏の印旛沼】巻きの展開でいい感じ☆

DATE : 2016.09.11

CATEGORY : ブラックバス


先日、近所のOSPプロスタッフの早川さんの印旛沼釣行にご同行させてもらいました。

早川さんは10代のころから印旛沼に通い、沼の魅力に取り憑かれた沼の人(笑)。

印旛沼でのトーナメントNABの会長を務める方でもあります。

僕は家が近いこともあって仲良くさせてもらっています。

この日は午後から沼に出るということでご一緒させてもらうことに。

IMG_0427

この日の天気は曇り時々小雨。

風もやや吹いていて本湖は少し波立っています。

ふないちボートから出船すると、早川さんは一気に加速して鹿島川方面に。

水面に何度も船体を打ちつけながら進んで、その度に僕は何度もバウンドしてお尻をぶつける始末。

なかなかのスリルでした(汗)。

ひとまずエリアに到着して釣りを開始。

クランクベイトを数投したところで、ルアーを交換しようとしたところで異変に気づきました。

ちょ待って、タックルボックスないやん・・・。

ボート上に積んでいたハードルアーがたくさん入っていたバッカンが無いんです・・・。

すぐに気付きました。

落ちたな。

・・・拾わなきゃ(使命感)。

あぁもう最悪・・・。

まだ水面に浮かんでいることを祈って、早川さんに頼んで来た航路を引き返してもらいました。

もうドキドキです。

亡くしたら大損害です。

ざっと20万円分くらいはハードルアーが入ったバッカンですからね。

湖底に沈んでいたらもう戻ってこないでしょう。

もと来た航路をスローで走りながら、神に祈るように、波立つ湖面をじっと眺めながめます。

あっ・・・。

ありました。浮いていました。波立つ湖面上に!

やったぜ。

IMG_0429

バッカン内は完全水浸し状態でしたが、なんとか浮いていてくれました。

とりあえず見つかったことにひと安心。

もう今日はこれで、釣果はともかくなんだか救われた気持ちになってしまいました。

まぁともかく、気を取り直して釣り開始。

小雨が降ってきて雰囲気的にはいい感じ。

早川さんはブリッツマックス&ブリッツをメインにポンポンと釣り上げていき、01ジグ&ドライブクローでもキャッチ。


IMG_0437

IMG_0445

IMG_0452

早川さんは最終的に6尾キャッチ。

詳しくはルアー・マガジン・モバイルの早川さんのコラムをご覧ください!

最大魚はブリッツで、上の写真がそれです。

あとから写真を見返してみて気づいたのですが、早川さんなんとスプリットリングがついているブリッツのアイに直接スナップを装着している!

これはどういうことなのか聞いてみたら、単純にスプリットリングを外すのがめんどくさかったと(笑)。

以前にオカッパリオールスターでコータローさんも似たようなことやってましたね。

いつもは事前に外しておき、スナップでローテーションしやすいようにしているとのこと。

かといって、スプリットリングにスナップを付けて使うのはなんだか嫌だったんだとか。

一方で気にしない人はまったく気にしませんよね。

スプリットリング派、直結派、エトセトラエトセトラ、まぁ、いろいろです。

IMG_0442

IMG_0481

かくいう僕の釣果はというと、ドライブスティックファッ!トのバックスライドリグと、タイニーブリッツMRでレギュラーサイズを1尾づつ。

実は、印旛沼は僕がはじめてブラックバスを釣った場所でもあるんです。

その場所は定番のストレッチなんで今でも普通にやりますし、今回もその近くでバスをキャッチ。

カスミ水系と比べると魚影は薄いですが、やっぱり印旛沼は大好きですね。

おまけ

水没したボックスを乾かすの図。

IMG_0483

IMG_0484

FIELD DATA

印旛沼

POPULAR TAGS

ダッジ (4) , RAID JAPAN (3) , DODGE (3) , 怪魚 (1) , ライトソルト (1) , オカッパリ (1) , ブラックデュラゴン (1) , 霞ヶ浦 (1) ,