AUTHOR

    gocho

    BURITSU内の愛称は伍長。職業カメラマン。幼少の時「釣りが好き過ぎてヤバい...」と自覚。それ以来、釣りの魅力にハマるのを恐れ自主規制を開始。30年後、規制緩和してから一生の趣味として釣りと向き合う日々を送っている。河川と磯が好きなルアーアングラー。

RELATED SITE

Exif_JPEG_PICTURE

シマノ BROOKSTONE#10とFREESTONE LA7-8

DATE : 2014.02.02

CATEGORY : ソルトフライ


「初めてのソルトフライタックル」
先日、ソルトフライ熱に駆られて購入したシマノ フライロッド BROOKSTONE 9010SW(#10)シマノ フライリール FREESTONE LA7-8
9010SWはFighting Grip式の9Fです。
シングル/スペイ キャストも出来るし取り回しも良さそうでした。
セダンタイプのクルマで移動している自分にとって3分割ロッドはクルマに常備出来るので良かったです。気に入りました。
リールLA7-8はディスクドラグ式で最大ドラグ力はメーカー表示で39.2/4.0。
シーバスと黒鯛をフライで釣りたい自分にとって充分なリールです。
今回の購入はコストパフォーマンスに優れたロッド&リールにしました。
そういう意味でシマノさんは素晴らしい。
大企業ならではのコスパだと思います。

今まで#6を振っていたので#10は振れるのか?
不安もありましたが 大丈夫でした。
ソルトフライをメインに使用する予定なので#6/#10を場所や風の状況で使い分けてみようと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

「初めてのFソルトフライライン」
フライラインに関して、ド初心者の自分は凄く悩みました。
今まで淡水用#6WF/Fラインしか使った事が無くソルト用やシンキングラインに関して知識が全くありません。。。
実際、ラインを購入する際に困ったのでフライフライラインの種類や表記に関して調べました。
とりあえず、バチ抜けからシーバスを狙ってみたいのでソルト用フローティングラインを買う事は決めていました。
フローティングラインは様々なシーンで活躍するメインラインになるので渋谷SANSUIの方に相談して購入。
相談させて頂いた店員の方はトラウトのシーズンオフ中に荒川でシーバスを釣っている方だったのでフライラインに関して色々な事を教えて頂きました。
店員さんの経験を頼りにラインを購入。
初心者の自分はPro shopのコンサルティングに頭が下がります。。。
技術力、タックル、場所を伝えてラインを選んで頂きました。
ループが施されていないラインはループを自作するか?ブレイデッドループをラインの先端に装着しなければならないので、今回購入したラインはループが施されているので良かったです。気に入りました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

「初めてのソルト用シンキングライン」
シンキングラインに関してデイゲームや色々なシーンを想定してタイプ1からタイプ4まで揃えたい気持ちもありました。
ただ、ラインも高価ですし替えスプール(freestone LA7/8用 ¥7,800ぐらい)を3個購入するのはどうなんだろう?と思い戸惑いました。
そこで、以前 購入したタイプ3の#11(これが悩みの原因。。。)を使用する事に決定。
シンキングラインは重いのでセオリー通りだと同じ番手か1番手 下げる所ですが、予算上#10を新たに購入しませんでした。
バランス次第で重過ぎたら#11をカットして使う事にしました。
とりあえず振ってみるとWFでも滑らかなテーパータイプに感じました。
ダブルハンドもやりやすく意外に良かったです。
ただ、ラインスピードが速いので 気をつけないと危ない。。。
実際にシューティングヘッドとシンキングラインを使った事が無いので実戦を通して勉強していこうと思います。
ありがとうございました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

TACKLE DATA

ロッド:SIMANO BROOKSTONE#10
リール:SHIMANO FREESTONE LA7-8
シューティングライン:RIO/Shooting Line(SPEY.030in Fit)
シューティングヘッド:AIRFRO/TACTICAL SHOOTING HEADS(scandi compact ST4/5 Floating)
シンキングライン:Scientific Anglers/WET CEL(TYPE3WF-11-S)