AUTHOR

    gocho

    BURITSU内の愛称は伍長。職業カメラマン。幼少の時「釣りが好き過ぎてヤバい...」と自覚。それ以来、釣りの魅力にハマるのを恐れ自主規制を開始。30年後、規制緩和してから一生の趣味として釣りと向き合う日々を送っている。河川と磯が好きなルアーアングラー。

RELATED SITE

7485565224_dbc2a2ec1d_b

バチ抜け、干潟ウェーディング釣行

DATE : 2014.02.02

CATEGORY : ソルトフライ


干潟でのウェーディングフライ釣行
前回のblogでフライ釣行の結果をお伝えしました。
全く手応えを得られないまま3度目のトライとなった今回は無風での干潟ゲーム。
フライフィッシングにこれほど都合良い環境はありません。
バックを気にせず無風でキャスト出来る日でした。
今回、一緒に釣行してくれたアングラーはBURITSUの湾奥アングラー齊藤氏。
ルアー&フライフィッシャーによるバチ抜け釣行です。
結末はいかに。。。

7485563448_e0677491da_b

開始早々のHIT
ルアーアングラーの齊藤氏と一緒のポイントでキャスト開始。
今回はバックを気にせず、風に阻まれず気持ち良く振れます。
完全に流れに任せフローティングラインでフライを流すか?
両手でリトリーブしながら流すか?
そんな事を考えている時に齊藤氏がHIT。
開始早々のHITに期待が膨らみます。

IMGP2939

ルアーマンの隣で色々な流し方、リトリーブスピード、フライを変えながらトライするもノーバイト(泣
今日みたいなフライ日和に魚を出さないと、いつ出せるやら。。。
そんな事を考えているうちに齊藤氏が良型をHIT!
流石の湾奥テクニシャンです。

IMGP2944

ルアーマンの隣でノーバイトのフライマン。。。
何かが相当間違っているに違いない。

ルアーフィッシングしている時は、喰いがシブイとルアーサイズを下げたくなり
フライフィッシングしている時に喰いがシブイと目立ってないのか?とフライサイズを上げたくなる

釣れないアングラーのとても自分勝手な心理。
フライが地味だから見えないのか?
ルアーみたいにデカくて目立つフライにしたい。。。とか考えてしまう。

腕です。腕!(笑

そんな訳で、、、
今回、これほど良い状況でノーバイトに終わった事は真摯に受け止めないとマズい。。。
笑ってる場合じゃないです。

7485565224_dbc2a2ec1d_b

TACKLE DATA

ロッド:SIMANO BROOKSTONE#10
リール:SHIMANO FREESTONE LA7-8
シューティングライン:RIO/Shooting Line(SPEY.030in Fit)
シューティングヘッド:AIRFRO/TACTICAL SHOOTING HEADS(scandi compact ST4/5 Floating)