AUTHOR

    Higuma

    世田谷区在住。ファッション関係。月に2〜3回釣り人に変身!!

    釣り関連のネットサーフィンは1日4時間は欠かさず。釣行よりも釣具集めがメインの完全都市型アングラーです。

    バス、エリアトラウトを中心に。海は船酔い酷いので怖いです。

RELATED SITE

150515_ph3

第二話:ランディ・ハウエルのあのクランクベイト!

DATE : 2015.05.15

CATEGORY : ルアーの話


早速、二回目の投稿です。

基本的には『毎日書く!!』と意気込んでいますが、
ショップのブログのように入荷情報とか無いので・・・
後半失速するムードをバシバシ感じております。

さてそんな第二回は自分の大好きなルアー、クランクベイトに関してです。

どれくらい好きかというと、ルアーの約6割はクランクベイトってくらいです。

ちなみに、クランク6:トップ:3:その他1という感じです。
(バスルアーのみで)

そしてそのクランクベイトの中でもシャロークランクが9割を占めています。
浅い釣り場に行く事がほとんどなので。

一挙公開!!!!!!!

と行きたいのですが、後半戦のネタ切れが心配なので今日は2つ。

まずは、
Livingston Lures Howeller Dream Master Classic Square
 ↑
名前長過ぎw

150515_ph1

これは名前通りですが、2014年バスマスタークラシックの勝者であるランディ・ハウエルのウィニングルアーですね。
このクラシックの為に製作したルアーらしいですが、元々はDRのみだったところ2015年のクラシックでシャローモデルも発表されてました。
そしてすぐ・・・輸入しましたw

リップは基板仕様で微妙にラウンドした扇形になってます。

これがどういう効果なのか?という感じですが、回避能力はバッチリです。

タイトウォブルで、50cmくらいしか潜らない感じですね。

左右に軽くダートしながら進んでくる感じです。

ロッドから伝わってくる感触は独特なものがあります。

ちなみに昨年発売のDR、こんな感じです↓↓↓↓↓

150515_ph2

そして次は、
Livingston Lures Primetyme Square 2.0

150515_ph3

これについては詳しく調べてないので、あまり良くわからないんですが、
RCやKVDのようなシンプルなスクエアビルですね。
こちらも基板リップ仕様です。
サイズはRTO2.0くらいのサイズです。
まぁ2.0って書いてますもんねw
動きも非常にシンプルで、中波動の中ウォブルといういたってノーマルな印象です。
70~80cmくらいをしっかり泳いでくる感じです。
回避能力も十分で安心して投げられます。

さて、この2つのルアー。
最大の特徴は上記に書いたところではありません。

150515_ph4

クリア系のルアーだと分かりやすいのですが、
なんか、透けてますよね?

そう、

この配線とか見える感じでお分かりかと思うのですが、

最大の特徴、

それは

  『 音 』  

なんです。

このルアー、鳴くんです。

しかも3種類くらい鳴きます。

サウンドは、
・オリジナル(ランディ・ハウエルが愛用してるサウンドらしいです。)
・クロー(エビ、ザリガニなどの甲殻類のサウンド)
・シャッド(小魚系サウンド)

もちろん、サイレントモードもあります。

個人的にはオリジナルが好きですね。
なんか魚が寄ってくる感じがします。

水に付ける事で通電し音を発し始めます。
乾けば止まります。
たしか200時間保つって話だったような。
電池が切れてからはサイレントモード1択です・・・

もうルアーの世界も色々ですね^^
もはやどこまでがOKか分からないですw
電池組み込んで音出しちゃうって発想は完全に理系オタク向きです。
こういうの、好きですw

このへんのクランクには今使っているG.Loomisのクランクロッドだと3パワーでは弱い気がします。
4パワーの方がいいんじゃないかな~と思いつつ使ってないんで分からないんですが。。
最近購入した4パワーのクランクロッドで今週末にでも試してみようかな。

今回はこんな感じです。

それでは、

次回!!!

最近国内でも流行のリアルプリントのハードベイト。
アメリカンにしては珍しいリアル系ルアーをご紹介(自慢)したいと思います!!!