AUTHOR

    gocho

    BURITSU内の愛称は伍長。職業カメラマン。幼少の時「釣りが好き過ぎてヤバい...」と自覚。それ以来、釣りの魅力にハマるのを恐れ自主規制を開始。30年後、規制緩和してから一生の趣味として釣りと向き合う日々を送っている。河川と磯が好きなルアーアングラー。

    RELATED SITE

    フライでブラックバスの筈が。。。in 亀山湖

    DATE : 2014.05.16

    CATEGORY : 未分類


    フライでブラックバスを釣りたい!!
    その願いを叶えるべく
    先日はBURITSUランチャ君(Basser)にお願いして亀山湖へ向かいました。

    140516_kame_ph6-600x448

    写真:伍長
    当日、ナイスサイズをHITさせたランチャくん

    そして、Loopersを裏切り(笑)TOP道まっしぐらの遠藤部員も参加(笑)

    10362388_497299200397801_1833069113_n

    写真:Yusuke Endo
    当日、1stフィッシュを撮影中に逃げられた遠藤部員。
    2ndフィッシュは逃げられないように バス持ちしながら撮影。

    そんな2人のBURITSU若手Basser達のサポートを受け
    フライでブラックバス釣行にトライ。
    果たして、どんな結果が待っているのか??

    140516_kame_ph1-600x360

    写真:北畠 蘭知亜
    雨が少し多くなりウェーダーに着替える伍長。完全に陸っぱりな服装へチェンジ

    釣行開始!
    ランチャは かなり修行を積んだ模様で
    もはやコンペティター並み(汗

    彼の後ろ姿や行動を見てBasserとしての確固たる自信を感じました。
    あまりの上達ぶりに感心する伍長。。。
    的確なルアーを無駄無くランガンしていくペースにフライで ついて行くのが精一杯。

    Basserが的確に撃ち、確実に釣果をあげる中。。。全くダメな伍長(泣
    「この際ブルーギルでもええ。とにかく釣りたいんや。」
    という名言を残したBURITSU貴田部員の気持ちが痛いほど良くわかる。。。

    その後、数度ランカーがチェイスするシーンに遭遇するも
    どれも寸前でBITEに至らない(泣

    メチャメチャじれったい気持ちで撃ち続けるも
    終盤、予想通りギルの洗礼を浴び(泣泣
    そして、、、バスはノーフィッシュで終了を迎えてしまいました。

    フライでバス、甘くなかった
    次回、リベンジしたいと思います。。。

    140516_kame_ph4-600x448

    写真:北畠 蘭知亜

    TACKLE DATA

    ロッド:KENクラフト#6
    リール:シマノ freestone#5/6
    ライン:Scientific Anglers Saltwalter(WF-7-F)
    リーダー:8lbライン直結
    フライ:バチ用フライ自作
    カラー:Deep green

    COMMENT