AUTHOR

    Higuma

    世田谷区在住。ファッション関係。月に2〜3回釣り人に変身!!

    釣り関連のネットサーフィンは1日4時間は欠かさず。釣行よりも釣具集めがメインの完全都市型アングラーです。

    バス、エリアトラウトを中心に。海は船酔い酷いので怖いです。

RELATED SITE

S__32219153

第十話:デッドスローで誘う、ワンスタイル フクロウの抜群の集魚力!!

DATE : 2016.01.14

CATEGORY : ルアーの話


気に入ったルアーはとことん集める派です。

出来れば全カラー、別注色も含めて全色!!!ってなってしまいます。

今日は、今まさに収集しているルアーをご紹介します。
(とはいえちょいちょいロストしてしまって減っちゃったんですが。。。)

ONE STYLE Fukurou フクロウ

デッドスローに表層~表層直下を引けるスイムベイトなのですが、
このスイムベイトの集魚効果は抜群です!

一番のポイントはなんといってもスイム時の頭の振りです。
これが静かにしっかりと水を押して、魚にその存在を知らせてくれます。

そしてマテリアル!
ぶにゅぶにゅとしたソフトで浮力のあるマテリアルにより、
スロー~デッドスローに引いてくる事が出来ます。
ゆっくり引ける=ロングキャストしなくても魚に対して食わせるチャンスをしっかり与えられる
という事で、細かいキャストでカバー付近やウィードエッジなどを探っていけます。

ちなみに、
TYPE-1・・・オリジナルVer.

TYPE-2・・・超デッドスローに引ける超ソフトマテリアル
の2種類があります。

S__32219151

見分け方は、ラインを通すこの管部分のカラーです。
TYPE-2は赤になっています。

カラーは色々とあるのですが、
全体的にアピール系が多いです。

ざっと手持ちのカラーを並べてみます。。。

S__32219153

鮮やかですよね^^
なんだか楽しくなるカラー展開がまた魅力です。

そしてそして、
Fukurouでは非常に珍しい!!
貴重な落ち着いた系カラー。
名前はそのまんまですが、『リアル』!!

S__32219154

ん?

S__32219155

んんんん!!???

はい、殉職してます。

手賀沼水系でテールが切れて戻ってきました。
そして、Fukurouのアイは元々脆いので剥がれてしまってます。

そう、このルアーの一番の弱点は脆さです。
スイムベイトなのでフックを刺した状態で使用します。
なのでフッキング時に確実にボディーが裂けます。
(そういう時にオススメな補修材は編集長のブログで)

フィッシュアローやメガバスのように、マグネットチューンをしてもいいのですが、
なんかバランス崩れるって話もあるので釣果重視でまだやっていません。

そしてTYPE-2はとくにソフトなので身切れしやすい。

2300円と高額なルアーですが、『消耗品』として考えなければいけません。

まぁそんなネガティブな部分もありながらも、
やっぱり魚を引きつける力は本物です。
ONE STYLEさんの動画もぜひ見てみて下さい。

クリアな場所だと魚がチェイスしてくる姿が見れて楽しさ倍増!!

動画見てるだけでその抜群の集魚力が伝わるかなと思います。

そんなフクロウですが、収納にはプラノの3600のボックスがオススメです。

S__32219150

ジャストサイズ!!!
テールが変形する事も無く、しっかり保管出来ますよ^^

ちなみに、
アップサイズ版のFukurou 210
ダウンサイズ版のFukurou 100
の2種類が発売されています。
来年はFukurou 300も出るんだとか。
自分はオリジナルサイズしか持ってませんが、近々購入して試してみたいと思います^^

さてさて、次回はクランクを使っていて気になったあのパーツについて、
ちゃんと勉強してみようと思います。