AUTHOR

    bm

    気持ちは高くスキルは低いお散歩アングラー。
    釣行以外はインドア派。

    Facebook
    本職はフリーエンジニア(株式会社Theo CTO/株式会社ノジマ 顧問 ほか)

RELATED SITE

BURITSU初め - 冬の東京湾で鯛ラバ釣行

DATE : 2016.01.12

CATEGORY : , 鯛ラバ


先週末はMr.ノーバイト氏と鯛ラバへ。
鯛ラバは去年少しずつやっていました。

まだ水温が暖かいので行けるかなー、と期待しつつ、いつもお世話になっているトレードウインズさんへ。
東京湾の鯛ラバのパイオニアで研究熱心。
その成果を惜しげも無く(厳しめの口調で)教えて頂けるキャプテンです。
東京湾 シーバス チャーターボート トレードウィンズ 川崎 神奈川
集合場所はこの道路の突き当たりにある船着き場。

車の方はここで荷物を下ろしてから船長の船頭で駐車場まで少し移動。
予約の時に船長にお願いしておくとバイクも停められます。
TRICITY 125

パターンはだいぶ冬でスローリトリーブ。
ヘッドは100g前後。
水深は70〜80mをゆっくり誘います。
1日やって2,3ヒットがいいところか。

東京湾の一軍ヘッド達。

bm_IMG_4133

最初少し100gでやって、大潮でも軽いヘッドで出来ないかとひっそり80gでチャレンジ。
ギリギリ底をとれるかなというところで試していたけれど途中から底潮が複雑になって鯛ラバの泳いでる姿が想像できず。
スカートの量減らしたりして試行錯誤。

周りで鯛やらホウボウやらフグやらがぽつぽつ釣れているなか、寒さと辛抱の時間が続く。
重いジグに変えようかという誘惑(変えたからって釣れるかはわからないけれど)に負けそうになりながら巻いて落として巻いて落として。

時々早巻きをまぜてみると、あるとき突然ちょっと引きがあって、そのまま加重感なくなる。
上げてみるとリーダーすぱっと切れてる。
あとからわかったが、タチウオの仕業のよう。
この時期、ケイムラネクタイはダメだ。

午後になって、やっと初ヒット。
重い。
よし。
横に首振る。
あれ?

反重力方向に80mの長い旅を終えて上がってきたのは
20160109 鯛ラバ
メスのサメちゃん。
外道の極み乙女。
LINEでは送らないようにしよう、この写真。
今年最初の釣果がコレか。
手応え大きかっただけに笑顔も引きつる。

そして結局鯛は釣れず。
バイトはあれどショートすぎて乗らず。
悔しさがありあまる。

最初の釣行エントリなのに結果なし。

TACKLE DATA

ROD
ヤマガブランクス seawalk tairubber 65UL
REEL
シマノ オシアコンクエスト 201PG
ライン
PE 0.6

FIELD DATA

トレードウインズ 6:00出船14:30納竿

大潮(月齢28.7)
満潮 5:42 / 16:17
小潮 10:59 / 23:21

COMMENT