AUTHOR

    TAKAHASHI

    都内在住30代既婚バサーのブログです。 主に房総リザーバーを中心にバス釣りを楽しんでいます。 基本はシマノ派&レジットデザイン好き。 バスフィッシングにまつわる色々なことを書いていきたいと思います!

RELATED SITE

亀山湖にスマホを落としたので、ブログを書いてみました。

DATE : 2020.08.05

CATEGORY : 日記


みなさん、こんにちは! たかはしです。

今回は「買ってから4ヶ月しか経っていないiPhone 11 Proを亀山湖に奉納したお話」です!!! 

悲劇を繰り返さないためにも、私のような愚か者を笑いつつ、注意するきっかけとしていただければこれ幸いです。

本当はもうちょっと傷が癒えてから書こうかと思っていたのですが、kaneckさんが以下のツイートをされてまして。

先に書かれてしまった!! これは早めに名乗り出ねば!! ということで早めにアップさせていただきました(笑)。Kaneckさんのブログも是非合わせてお読みくださいませ。

では、本題に入っていきましょう。なお、写真はほとんどありません! 奉納したので、当日の写真がないのです……(涙)。

本当は良い1日になる日だった。

この日は会一太郎パイセンから24Vエレキを譲り受けるために亀山湖を訪れていました。

パイセンが「ガーミン フォース(レンタルボート仕様)」を導入したため、元々彼が使用していたエレキを売っていただいたのです。ありがとう、パイセン。

この日はパイセンのフォース初使用日ということもあり。

自分も初めての24Vエレキを試しつつ、パイセンのフォースぶりを取材して、ブログを書くべ! と意気込んでいました。

ただ、ここのところ仕事が忙しく……。平日にフルで休むのは難しいため、11時ごろには釣りを終え、午後から仕事をする予定になっていました。「エクストリーム出社や!」なんて一人ではしゃぎながら亀山に向かったわけですが……。

悲劇は突然に。

朝一、パイセンからエレキを譲り受け、滞りなくセッティングを終え、出船時間を待つばかり。そんなときに、悲劇は突然に訪れました。

出船前にトイレに寄ろうと、ボートから桟橋に上がろうとしたときに、胸ポケットに入れていたiPhoneがするっと落下しました。

もちろん、慌てて拾おうとしたのですが……。

いや、下手に拾おうとして、焦って落水でもしたら大惨事だ。フロートストラップもつけているし、大丈夫だろう」と脳内で判断し、落ち着いて行動しようとしてしまったのです。

結論、落ち着いている場合じゃなかった。

iPhoneは想定以上にスピーディーに沈んで行きました。スパイラルフォールはしていなかったです。若干カーブフォール気味だったでしょうか。このタイミングで慌てて腕まで突っ込んで掴もうとしましたが、間に合いませんでした。

絶望の捜索作業。

落下直後から、回収に向けた作業をスタートさせました。落ち込んでいる場合じゃありません。落下した場所はある程度明確です。可能性はあると信じたいところ……。重めのバレットシンカー+トレブルフックで回収トライです。

しかし、桟橋の直下はかなりの水深です。片付け時間削減のため魚探を積んでいなかったため、正確な数値はわかりませんが、数メートル以上は確実にあるでしょう。可能性のありそうな場所で数分しゃくり続けましたが、引っかかる気配はありません……。

考えてみれば、亀山湖は桟橋での釣り禁止です。この状況を見た方に「桟橋でジギングしている不届きものがいる」と誤解されてしまう可能性もあります。「せめてボート屋さんにはお伝えしておこう」と作業を中断し、事情を説明。その後、捜索作業を再開しました。

が、その後も一向に手応えはなく。「ワンチャン、後からプカーっと浮いてくるのでは?」なんて思っていましたが、全く浮いてくる気配もなく……。メンタルは早くも限界を迎えつつありました

この後も忙しい時期が続く……。スマホが使えない日が続くのはまずい……。「再発行や各種手続きを早急にしなければならない」ということで、この日の釣りを断念し、一投もせずに亀山湖を後にすることになりました。

帰り際にボート屋さんにご挨拶をしていくと、この日のボート代を返金してくださいました。この後にかかってくると思われる高額な費用を考えると、非常に助かります。のむらボートさん、ありがとうございました……(´;ω;` )

対策は万全にしましょう。

上にも書いてますが、フロートストラップを付けるなど、水没対策は一定しておりました。結果的には完全に不十分なんですが……。

iPhone 11 Proの自重は188g。今回使っていたフロートはカタログスペック的にはそれ以上の浮力があるのですが、力及ばず亀山湖に沈んで行きました。考えてみればケースの重さものっかるし、あんまし許容範囲カツカツだと心許ないですよね。

kaneckさんのように、「フロートを2つ付ける」「事前に実際に浮くかテストする」等が大事ですね。間違い無いです。kaneckさんはさすができる男です。

なんにせよ。

「落ちても大丈夫なように、事前に万全の対策をする」

「そもそも落とさないように気をつける」

みなさま、この二つをゆめゆめ忘れないようにしてください……。

バックアップはしっかり取ろう!!

落とさないのも大事ですが、万が一落とした時の対策もしておきましょう。

昨今のスマホであれば、「バックアップ機能」が付いているかと思います。

スマホ本体を失うのは金銭的にも辛いですが、それ以上に大事なデータを失う方が辛いですよね。無くなると致命的なものも多いと思いますので、絶対に定期的にバックアップをとっておきましょう。たかはしからのお願いです。

自分の場合は、ちょっと前のデータにはなってしまいますが、バックアップ自体はとってあったので、とりあえず今は普通に生活できております……。

前向きに頑張ります。

ということで、愚か者が大事なスマホを落とした顛末でございました。

とはいえ、どなたにも起こりうる出来事です。繰り返しにはなってしまいますが、是非私のことを笑っていただき、気をつけるきっかけにしていただけたら嬉しいです。

はぁ……。金銭的な負担は辛い……(;▽;)ステラと高級ロッドのセットを落とすのと同じくらいの被害額ですかね。エレキも買ったし、しばらくは超緊縮財政で生きていきます……。

では、また次回!

COMMENT