AUTHOR

    Ayano Inoue

    釣り歴数年。主に神奈川、千葉、東京、静岡らへんで釣りしています。釣った魚を美味しくいただけるように料理の腕を磨くこと、あと地味に100魚種を釣るのを目指してます。

RELATED SITE

IMG_0269

東京湾タチウオジギング

DATE : 2016.07.12

CATEGORY : ルアー,


前々からやってみたいなーと思っていたタチウオジギング。
なんだか人気だし、釣れてるみたい。それに、私、タチウオおいしくて大好きです。

いつかやろうぞと考えていましたが、ついにタイミングがきて超久々の一人釣行。

初めての釣り+一人釣行+快晴。このパターン、燃えます。

船宿さんは、神奈川県は横浜の山下にある渡辺釣船店さん。
以前、シーバス目的の渡船でお世話になったことがありますが、タチウオジギングは予約制とのことで。前日にイソイソと予約。出船の1時間前に到着したらすでにお客さんでいっぱいでした。

タチウオ船は2隻出るそうで、人気っぷりが伺えます。しかも満席状態。
ううむ。すごいな。オマツリしないようにしよう。

今回はライトジギング用のロッドが1本欲しかったので
Amazonで安くなってたメジャークラフトのソルパラを購入しておきました。
リールは元々持っていたアブのRedMax船。PEラインは流用で1号かそれ以下巻いてたので流用します。


リーダーは40lb。2mほどだそう。ですが、結び直すのが面倒なので、前に教えてもらったソリッドリングを利用することに。

リーダーをこれをつけて、スプリットリング↓ +ジグ。です。

プライヤーで付け替えればよいのでラクチン(小さいのは、やりにくいけど)。

使用するジグはヒラマサの時に使った手持ちのものを流用。船宿指定は80-160gでした。とりあえず手持ちのジグのカラーは以下で、各色重さ違い(80gと100g)を用意しました。
・ピンク
・オレンジイエロー
・イワシカラー
・パープル

※ゼブラがあるといいと聞いていましたが、用意できず。。
これも次は用意しておこう・・なんか釣れそう。

で、これらにフックを付けました。
テールのフックは、船宿さんではカルティバ4本フックをおすすめしていましたが、こちらを利用。

頭のほうの、アシストフックは船宿さん店頭で販売されていた、ゴムでチェーン?部分が加工されているものを使用しています。

準備はOK! いざ出船!IMG_0256

30分ほど走らせ、ポイントに到着。船長さんは「広くみて」「投げていいよ」とアナウンス。
周囲はワームに付けたタックルで投げ始めてます。
な、投げていいんだ! 延々しゃくってるものかと思ってた。。と一人コツコツとジグを落としてました。次回はワームも持ってこよう・・。

水深が浅い10-20mの間は80gを使っていましたが、さすがに30m超えると100gはないと流されました。150g、重いなぁ、持ってないや。と、思ったけど、なるほどです。あるとよいですね。

しかしほとんど浅場にいたので、80gのオレンジイエローをメインに、ハーフピッチ。
シャクっているときって無心……。 そんなときにガツっとアタリが!
引きは強かったり、ふわっと浮いた感じになったり。これは、面白い!

釣れたらエイヤと船に入れ込み。
タチウオは歯で怪我すると聞いてタチウオバサミを持って行ったのですが、使わず。

IMG_0268-2
ああやっと念願の! タチウオジギングをした感!
隣の常連さんが、水深が深いともう少しやりとりが長くなるからもっとスリルがあるよ、とのこと。わかる気がします。
潮が動いている間は比較的釣れました。ほとんど指3本サイズ。

そんなこんなでギラッギラのタチウオに惚れ惚れ。前にも餌では釣っていたけど、
自分で誘って釣った感、満載!

私の好きな釣りの雑学「ネイルのラメはタチウオの表面のグアニンが原料」というやつ。
これが、ラメの・・女子がこわーい気持ち悪いと言って魚をいやがるけど、
皆一度は爪にタチウオを塗っている・・これが・・あのグアニン・・
と、思っていましたが、グアニンは製造できるとか。夢がないなぁ。

 

この日、海上はとても混んでいて、ポイントに着いたときに向かいの船に知り合いを見つけられるほど。
この渋滞?って関東だからかな・・?

ざっと視界に入る範囲でボートを入れて50隻はいました。すごいなー。
今思えば、釣りする前は、海がこんなに混むって知らなかったなぁ。
海上が釣りのワクワク感で溢れていました。
IMG_0264
15時、沖上がり。楽しかったけどもう手首が悲鳴。。

ちなみに釣果は16。竿頭は43本。常連さんたちは平均して20本台のようでした。

 

 

釣り上げた中に、尾が切れてしまっているタチウオが。
帰宅してから尾をよくよく見ると、傷口が治りかけていて、脊髄骨のところだけやや傷口っぽい。
tachi
たぶん仲間に喰われた? 自然治癒しているようなので時間が経ってるぽいけど、生きていけるのか。

お持ち帰りした分は、友人におすそ分け&干物作り、冷凍保存用に真空パック。
真空パックは釣り仲間おすすめのボナボナ真空パック
bona
血抜きしてあると、真空パックにしたとき血がにじまないですねー。

タチウオは前に餌で釣りましたが、いまいち自分で釣った感が得られず、納得できていなかったのですが、今回で満足。
そしてジギングの楽しさを満喫できたことも嬉しい。
ルアーを揃えてまた行きたいです・・!

POPULAR TAGS

館山 (2) , カワハギ (2) , ティップラン (1) , アオリイカ (1) , アマダイ (1) , シロギス (1) , 忠彦丸 (1) , ヒラマサ (1) , ジギング (1) , シーバス (1) ,