AUTHOR

    gocho

    BURITSU内の愛称は伍長。職業カメラマン。幼少の時「釣りが好き過ぎてヤバい...」と自覚。それ以来、釣りの魅力にハマるのを恐れ自主規制を開始。30年後、規制緩和してから一生の趣味として釣りと向き合う日々を送っている。河川と磯が好きなルアーアングラー。

    RELATED SITE

    釣りクルマ選び RANGE ROVER

    DATE : 2015.02.18

    CATEGORY : 未分類


    皆さん、こんにちは。

    「間違いない!?釣りクルマ選び」は
    釣り人/カメラマン目線で色々なメーカーの新車を 皆様にご紹介しています。

    もし?このクルマに乗って釣りへ行ったら どんな世界が待っているのだろう?

    リアルに買う?買わない?は別として
    ご紹介していくクルマのイメージを皆さんと共有できたら良いと思います。

    この先、そんなクルマ…非現実的だろ?
    そんなお叱りを受ける事もありえる企画ですが…

    もし?このクルマに自分が乗って釣りに行くとしたら???
    そんな妄想も楽しいのではないでしょうか?

    釣りクルマの現実は厳しいです…

    このクルマ
    欲しいけど燃費が悪い。。。
    かっこいいけど高くて買えない。。。
    沢山の荷物を入れられない。。。
    車中泊出来ない。。。
    などなど。

    見た目や乗り心地よりも
    値段、燃費、パッケージが優先されるリアルワールド…
    理想と現実はかけ離れているものです。

    ここでは、現実の諸事情から少しだけ離れ
    釣りクルマとしての可能性を探っていこうと思います。


    RANGE ROVER

    「KING OF SUVの風格」

    e

    レンジローバーの佇まいは風格に満ちています。
    そして、少し高めのステップからドライバーシートに座ると
    ずっとここに居たい…そう思える居心地の良い空間です。

    走り出しは穏やか。
    そのあたりにKING OF SUVの余裕を感じます。
    全てがシットリとしていてガサツな所が一切ない…
    トルクフルなエンジン
    軽やかでしなやかなアルミボディー
    8速ATのスムーズなシフトアップ
    心地よいエアーサスペンション
    それらの振動や音が手や身体に伝わる感触が全て気持ちよいクルマです。

    2015-02-15 13.52.07

    「ワイルドな一面」
    レンジローバーのイメージで川を渡るシーンを思い浮かべる方も多いと思います。
    北海道の広大な河口部で釣行する以外
    橋が多い日本の河川事情で川を渡る事は無いと思いますが…
    カタログ値で最大渡河水深は900mmです。

    ドア内側の下部には浸水防止シーリングが施されています。
    これは渡河目的の無い普通のSUVには付いていません。
    また、ドアミラーに水深を検知するセンサーが装備され
    限界水深を超える場合はアラート音がする様になっています。

    オフロード性能も電子制御のエアサス、可変ダンパー、シンクロナイズドシステムによってドライバーは安心。
    今回の試乗はオフロードではなく、雪道をスノータイヤ(スタッドレスではない)で走行する状況でした。
    一般国道/雪深い山道/特設のモーグル/ヒルクライムダウンetc
    全ての状況下で全くストレスを感じませんでした。

    この安心感、、、
    命に関わる様な厳しい環境下に遭遇したら何にも代えがたい事だと思います。

    モーグルで足回りの動きを見ましたが、サスペンションのストローク量も長く
    電子制御によってタイヤは路面に接地を続けていました。

    エレガントさだけで終わらないファンクショナルな一面。
    このギャップに魅力と価値を感じます。

    c

    2015-02-14 16.23.06

    o

    w

    t

    「下部テールゲートは素敵なテーブル…」
    色々なシチュエーションで釣行する程に多彩な装備が必要になるのが現実…
    レンジローバーのラゲッジは最大で909L
    余裕ある空間で釣行前の装備選択ができます。

    また分割式パワーテールゲートはとても便利。
    全天候型のルアーマンにとって重要な部分だと思います。
    下部テールゲートはタフで人が乗っても安心。
    身長170cmの私ですとテーブルとして丁度良い高さでした。
    テーブル幅も色々なタックルメンテをするに丁度良い幅。
    また、雨除けとして機能するテールゲート上部の長さも十分です。

    _29R1835

    _M2P1391

    King of SUVに死角なし…
    雪煙を上げながら疾走する白いレンンジローバーは
    雪上迷彩で相当カッコよかった…

    レンジローバー
    釣りクルマとして間違いない!

    _29R1892

    伍長の試乗は続く…

    取材協力
    ジャガー ランドローバー ジャパン株式会社
    LE VOLANT(株式会社 学習研究社)
    carview(株式会社カービュー )
    Pen online(株式会社CCCメディアハウス)

    TACKLE DATA

    全長:5,005mm
    全幅:1,985mm
    全高:1,865mm
    最低地上高:220mm
    ホイールベース:2,920mm

    エンジン
    V6スーパーチャージド 3.0リッター
    V8スーパーチャージド 5.0リッター 

    トレッド(前)
    1,695mm(3.0L v6)/1,690mm(5.0L v8)
    トレッド(後)
    1,690mm (3.0L v6)/1,685mm(5.0L v8)

    最大渡河水深
    900mm

    最小回転半径
    6.1m

    最高速度 (km/h)
    210(v6)/225(v8 )
    加速性能 0-100km/h
    7.4秒(v6)/5.4秒(v8)
    燃料タンク容量 (リッター)
    105L

    駆動方式
    4輪駆動 (フルタイム4WD)

    トランスミッション
    8速オートマチック

    本体価格(消費税込み)
    V6 ¥12,850,000
    V8 ¥15,530,000

    COMMENT