AUTHOR

    Lancia

    BURITSU 編集長、だけど…初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中です!はやく上手くなりたい想いで平日釣行を重ねておりますΣ(´д`;) 下から目線の記事を心がけています。
    ---
    自分について

RELATED SITE

161220_ph1

釣り動画の撮影には安いアクションカメラがオススメ!備品などもご紹介!

DATE : 2016.12.20

CATEGORY : アイテム


連日ブログ更新頑張ってます!Mr.ノーバイトです(^O^) さて今回はMR.NOBITE.CHの釣り動画撮影の為にアクションカメラを付けていると「それは何?」と聞かれることが多いので、自分が使っているアクションカメラについてご紹介させていただきますねっ(o’∀’o)/

161220_ph1
レンタルボートにポン付けして撮影するならこのセットでスタートする事ができます

今まで動画撮影を行わなかったのには2つの大きな理由がありました。

・バッテリーと記録メディアの交換がめんどくさい
・準備がめんどくさそう

とにかく『メンド臭い!』のが嫌だったのですが、今回購入したものはそれらが解消されているのでめんどくさがりな自分でも続ける事ができています。その辺も含めてご紹介しますね(^O^)

必要なものその1:カメラ本体

アクションカメラはコチラを購入しました。本当はGo Proが欲しいんですけど…上位機種は4〜5万円しますからさすがにハードルが高いですよね…しかもそれにプラスで備品も必要だし。 とりあえずお手軽な感じで初めてみようと、激安のアクションカメラを使ってみる事にしました。

■使って見た感想
・カメラの起動音がめちゃくちゃダサくて恥ずかしい
・操作画面がしょぼいww
・スマホアプリは使い物にならないw
・動画の画質は少し前のGo Proと同等くらい。思っていたより全然良い。
・安いので壊したり落としてもいいという安心感
・ハウジングを付けなければ外部電源から給電しながら撮影可能
・備品がめちゃくちゃ付属してくる

71wk3wjp3l-_sl1200_

色々なシチュエーションで取り付けが可能なアダプターがこんなに付属していますwww やりすぎでしょ!! でも1つづつ買ったら結構高いと思うのでこれは嬉しいですよね(o’∀’o)

安いので色々許せるこのカメラですが…1つ、大きな問題があって。録画されているのかどうか。カメラ前面で全く確認が出来ない為、何度かヒットシーンが撮影できていない事がありました。それを防ぐ為に新たに↓これを購入してみました。同じメーカーの新バージョン!? 前面に液晶があるのでここにREC状態か表示されるハズ…

これで、2アングルで撮影できますしね! 
外部電源から給電しながら撮影可能という事で。メンド臭いリストの1つは解決です。

ちなみに、このカメラを使って撮影した動画が↓コチラ画質の参考にしてみてください。

必要なものその2:マイクロSDカード

マイクロSDカードは128GBの購入がオススメです。64GBだと半日でも足りない感じ。128GBなら確か10時間くらいは連続撮影が可能です。少し値段は高くなるけど、交換する手間を考えたら断然128GB!!余裕があればもっと大きいものもアリではないでしょうか。

半日くらいでいいやってことなら、64GBでよいかも? ちなみに、メーカーを問わなければもっと安いものはありますが、撮影したデータが消えるリスクも高くなるので…ケチりすぎるのも考えものですね( ^ω^ )

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS128GUSDU1PE (FFP)
トランセンド・ジャパン (2016-01-06)
売り上げランキング: 65

これでバッテリーとメディア交換の手間から解放される訳です!!

必要なものその3:モバイルバッテリー

161220_ph2
こんな感じでカメラとバッテリーをUSBケーブルで接続し、給電しながらの長時間撮影が可能。

写真に写っているのはこのタイプ↓ でもどうせならスマホも充電できるようにもう少し容量の大きいタイプを買ってもよいかも!?

なんか…cheero Power Plus3がめっちゃ安くなってる…Amazonで64%off。新しいの出るのかもですが、買い時ですね!! これなら、1日給電しながらスマホも充電しても余裕がある感じですね。

黒も素敵かも。

必要なものその4:USBケーブル

カメラに給電するためのUSBケーブルも少しイイやつを買いました。3mのものを買った理由はカメラからバッテリーまでの距離をとることができるように。でも、実際使って見るとバッテリーはカメラの近くに置く事が多いので、1m程度の物で良い気がします。

必要なものその5:クランプマウント

161220_ph3

船尾に固定するためのクリップはこちらを使用しています(o’∀’o)/

これでポン付けできるので準備の手間も少なく。めんどくさがりの自分でもギリセーフ!!♪( ´θ`)

その他

hebinumaさんが紹介してましたけど、こういうクリップでライジャケなんかに固定してもよいかもですね。

おかっぱりで撮影した事が無いので。良いものを見つけたらまたご紹介したいと思います!(^O^)

弱点について

このシステムの最大の弱点は…雨の日の撮影が出来ない事。とにかく水に弱い訳です…給電しながらなので仕方ないんですけどね。梅雨時期にバス動画撮影出来ないのが残念だけど、その場合はやっぱり防水のハウジングに入れてバッテリーを交換するしか無いでしょう。

現時点では、曇り〜晴れのボート釣りにおいてはメンド臭くないって意味で最強のシステムだと思っていますww 海釣りで荒れていて潮を被る状況もキツイですが…そちらも良い方法が見つかればシェアしたいと思います!!