AUTHOR

    Takahiro Onaka

    関西在住のウィークエンドバサー。
    2013年バス釣りを初めました。和歌山県合川ダムをホームフィールドとしつつ、関西の様々なフィールドに出かけバス釣りを楽しんでいます。

RELATED SITE

温排水に癒やしを求めて 兵庫県姫路市蟠洞川(ばんどう川)釣行

DATE : 2014.03.16

CATEGORY : 姫路市河川, 春のバス釣り


ご無沙汰してます。
1月から釣行記事が全然書けてませんでした…。

釣りに行ってなかったわけではないんですよ。
冬バスを狙って青野ダム、東播野池、姫路市大津茂川などに行きましたが全然釣れてませんでした。4釣行連続ボウズ。冬のバス釣りってこんなにも難しいんですね。泣

気づけば梅の花も咲き始め、そろそろ春デスネ…。
3月8日土曜日。温かい日が続いていたものの、寒の戻りで気温は完全に真冬。そんな日に朝から青野ダムに、2月のボート釣行時に魚探でチェックしていたディープ隣接のシャローを中心に陸っぱりから狙えるポイントを回りました。ジャークベイトを投げまくるも、ピンポイントでダウンショットを落とすも完全に反応なし。オワった。5釣行連続ボウズ確定。

で、我慢ならず、その後、5ボウズで傷ついた心を癒やすため、温排水の流れ込みがある兵庫県は揖保川支流の小規模河川「蟠洞川(ばんどう川)」に向かいました。蟠洞川に行けば大体は魚を触ることはできる。ただ、12月からこのパターンばっかでホント情けないんですけど。泣

最近はこのフィールドも「ルアーニュース WEST」に記事がでたり、エバーグリーンのDVDのロケ地になったり、あと、「Basser」にも記事が出たりしてるらしく、すっかりメジャーフィールドになった感。
ランチアさんの記事でも分かるように、厳しい冬でも爆釣できるフィールドですからね。

到着すると、すでに夕まずめ。先行者は3人。温排水インレット周辺に人が集中していたので、下流側からロボワーム「リーチ」のネコリグ、OSP「ドライブスティック」のノーシンカーで探る。どちらも反応なし。

先行者が帰ったようなので、すぐさまインレット付近に移動。で、すぐに結果が出ます。

ほいっ!

チビ。

チビ。

ほいっ!

35cm。サイズアップ!

35cm。サイズアップ!

ほいっ!

チビ。あれ?

あれ?サイズダウン?!

ほいっ!

チビ。あれれ?

あれれ?

と、ここで晩ご飯のお呼びがかかったので終了~。

これまでは、食えばデカい魚が多かったのにチビバスまみれに…。水の中は季節が進行している?

冬のバスフィッシングを振り返ってみると、結局1月からは色んなフィールドに出てはいるものの、この姫路の蟠洞川でしか釣果を出すことが出来ませんでした。他の河川でも野池でも青野ダムでも全く釣ることができなかったわけですが、例え1尾釣れていたとしてもマグレかもしれませんし、冬のパターンで釣ることが出来たなんて全然言えません。ただ、そんな中でも上手い方は釣っているわけで、来年またチャレンジするしかないですね。

季節はそろそろ春。バスフィッシングを始めて、初のプリスポーンの季節です。
聞けば、1年で最もデカい魚が釣れる確率が高い時期だそうで。これは楽しみだー。

TACKLE DATA

ロッド:エクスプライド 165L-BFS/2
リール:アルデバランMg7(夢屋 BFSスプール)
ライン:FCスナイパー(6LB)
ルアー:ドライブスティック SPEC2 3.5in(カラー:スモークペッパー&コパーフレーク)
リグ:ノーシンカー

FIELD DATA

場所:兵庫県姫路市小規模河川
気温:1ケタ!
水温:12℃

COMMENT