AUTHOR

    Lancia

    BURITSU 編集長、だけど…初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中です!はやく上手くなりたい想いで平日釣行を重ねておりますΣ(´д`;) 下から目線の記事を心がけています。
    ---
    自分について

RELATED SITE

【バス釣りを学ぶ】松本幸雄さんと釣りをさせて頂きバスを釣る為に大切なことに気づいた!

DATE : 2018.03.04

CATEGORY : ブラックバス


少しづつですが、暖かくなってきましたね!!春を感じている今日この頃♪(´ε` ) そろそろバス釣りに本腰をいれていきたいわたくしですが、今回は…昨年末にカワハギ釣りでご一緒させていただいた松本幸雄さんとご一緒させていただいた早春の戸面原ダム釣行について!!


【スキャンダルCUP】日本最強の青木大介プロとカワハギ会で戦った結果… – Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
2017年の釣りにおいて1番嬉しかったのはやはりH-1グランプリでの入賞でした。もう二度とないだろうな…ラッキーですからね(^_^; しかーし!年末に同じ感動を再び味わうことができました!!!(*゚▽゚*) https://blog.buritsu.com/mrnobite/2017/07/10/h1-g

ご一緒する事になったきっかけ

松本さんにはいつか三島ダムでお会いできたら…なんて考えていたのですが、横浜のフィッシングショーで再開し、三島ダムの釣りについて色々と質問させていただいた流れで機会があったらお供させていただく事になったのですが…


条件が良さそうな週末。松本さんはきっと三島ダムに現れるだろうと予想して、「今週末三島行かれますか??」とメッセージを送ったところ..「月曜日ならいけますよー!」としかも同船させていただけるとのこと!!♪(´ε` )

魚種を問わない天才釣り人

エリアトラウトをメインとしながらも、魚種にとらわれず活躍されている松本幸雄さん。最近では2017年の陸王に参戦し、川村光大郎さんと激闘を繰り広げ惜しくも破れてしまったものの、映像で見ていても他のアングラーとは違う独特の雰囲気を放っていました。

陸王のDVDを見て1番衝撃をうけたのは初日の1匹をキャッチしたあとのコメント。

「この色(ファットイカ)は無くなったらコレしかないです。霞で拾ったやつなんで。これ1個根がかってたやつを外してしまっておいたやつが、今日働いてくれましたね。」

えーーーーーーーー。
自分の性格したら考えられないですね(笑

ルアーマガジン」に掲載されている松本さんの記事はどれもめちゃくちゃ為になるものばかり。2017年のH-1GPX牛久沼戦で準優勝された際のインタビューを聞いて松本さんが「ド変態」な釣り人だと確信しました。天才と呼ばれる理由を少し垣間見た気がします(^O^)

そんな方の釣りを間近で見られるチャンス!!仕事してる場合じゃないよ!!

フィールドは戸面原に変更!

釣行前日、「連休で人が溢れかえっている三島ダムではなく戸面原ダムに挑戦しませんか?」と提案をいただき、フィールドを変更! 戸面原ダムは2人乗りが出来ませんので、2艇に別れて自分が金魚の糞のようについていかせていただくことになりました♪(´ε` )

戸面原ダムのボートセンターでは、朝食が500円で提供されております(^O^)


朝食が食べれるボート屋さんはなかなか無いのでとても有難いですね! 腹ごしらえをしたら準備開始!


この日は、バレーヒルのテスター高橋さんDSTYLEフィールドスタッフのバッテラさんこと馬場ちゃん、そしてBURITSUのトーナメントジャンキーの山田くんことミネムラ部員の4名でわいわい釣行です( ´∀`)


戸面原のボートはバッテリーなど、荷物を積み込む前の状態だととても不安定。初戸面原の高橋さんは落水しそうになりながら準備をしておられました。高橋さんがあんなにお茶目な方だとは!!(笑


前日、50アップが2本捕獲されているとの情報。2本とも釣り上げたのは「川村光大郎さん」でした…(´∀`) エゲツないっす。


いきなりネコリグおじさん炸裂!

朝は桟橋から見て左の筋へ。松本さんから「ヤバいやつが釣れるならこんな場所」だというお話を聞きながら、松本さん自身もはじめてというこちらの筋を釣りあがっていきます。

「今日はネコリグおじさんになる!」

いつものスタイルをできるだけ封印してネコリグで釣る日にするそうです(´∀`) ほっとくと、マグナムクランクやジャークベイトを投げてしまうらしい…自分とは正反対ですね(^_^;

で、川筋に入ってすぐの崩落で…

ネコリグおじさんにサクッとヒット!!! 


そして、釣りプラスさんの記事でも紹介されていましたが、こんなサイズ撮影させんぞーーー!!!といわんばかりの光速でリリース(^_^;

その後、上流まで上がってみますが反応は無く…魚探に映るのはヘラの映像ばかり。


ヘラばっかり…

あとで聞いた話ですが、上流域でシャッドを投げた高橋さんはヘラが入れ食いだったようですwww


ちゃんと口にかかってる…(^_^;

もう1つの筋の上がっていって、川村光大郎さんが54cmをキャッチしたというポイントへ…


ここにきて、ネコリグおじさんがマグナムクランクおじさんに変身!!

「こ、こんな感じで釣れちゃうんですかぁあああ!?」
自分には信じがたい釣りです。成功体験がないとやり切るの難しそうですね(O_O)

この日はキャッチならずでしたが、今年はクランクベイトで多少釣れるようになりたい!と思っていたので、とても勉強になりました。

その後、キャンプ場付近のワンド?状になったエリアに入っていきます。基本はフローティングカバーと何かが複合して存在しているところが釣れそうなのでブルフラットのテキサスで打ち続けると…

コンッと明確なバイト!!


サイズは小さかったんですが、厳しい状況で釣らせていただいた、とても嬉しい1匹!!

やはりここのダムのアベレージサイズは痩せてるんです。ほんと戸面原のブラックバスは格差社会ですね(^o^;


以前から気になっていた疑問点を松本さんに質問すると丁寧に教えていただけて、自分の中でモヤモヤしていた部分がクリアになってとてもスッキリ!! ぜひ、全国のフィッシングショーやイベントで松本さんにお会いできる機会があれば色々質問をぶつけてみてください!!本当にわかりやすく回答いただけますよ(^-^)


釣れないので…一旦集合!!


この時点で高橋さんとミネムラ部員がノーフィッシュ…なかなか厳しい状況です。
夕方のチャンスにかけて再びおもいおもいのエリアに散っていく戦士たち…

そして!!!


高橋さんに良型のバスがヒット!! しかも2本!! 午前中は魚探がけをして、良い場所を探してよいタイミングできちんと仕留める。流石です(O_O) 詳しいレポートはブログに書かれていましたので是非チェックしてみてください!!


残念ながら、松本さんと自分は追加ならず…高橋さんめっちゃホクホクの表情ですね(笑 今回、自分が松本さんの足を引っ張ってしまって本来の釣りをしていただくことができずだったので本当に申し訳ないです(ToT)

今年はH-1にフル参戦予定という松本さん、レンタルボート用セットを新調されたらしいのですが、その中にPoint-1もあって、こちらの固定方法がイケてるので撮影させていただきました!! 自分もコレにしたいな…


松本さんのおもちゃ箱

松本さんが「おもちゃ箱」と呼んでいるデカイルアーだけが入っているボックス。「マグナムクランクは巨乳と一緒なんですよ!!」と聞いて一瞬パニックに陥りましたが、理由を聞いて納得。ヤバい魚を狙って追っているのでルアーはdepsのデカイやつが多めな印象です。


ラインクラスしか記載されていないロッド!?

松本さんは様々な魚種に積極的に取り組んでらっしゃるので
「いろんな釣りをしているとタックルが増えちゃって大変じゃないですか!?」と聞いてみると..

「だからこの竿を作ったんですよ。」

と言って、ロデオクラフトから発売されている松本さんプロデュースの“フォーナイン ホワイトウルフ”というロッドを見せてくださいました。


松本さん「ラインのクラスしか書かれてないロッドなんですよ」

ノーバイト「えっ? どういう事ですか??」

松本さん「これより太い糸を使ったらちゃんとロッドが曲がりますよっていう」

ロッドのアクションは記載されておらず 「12lbクラス」という表記になっていて、その場合12lb以上のラインを使えばOK!という感じ。

魚種、ジャンルを問わずにオールマイティに使える様に、バスロッドにしてはグリップはやや長めの設定。でもリールだけ複数用意しておいて、PEの1号、2号、4号等用意しておけば様々なジギングにも使えるという訳です。

自分にピッタリだ!!( ´∀`)

反省会


片付けを終えて反省会。松本さんから『マグナムクランク巨乳説』を聞いて「そ、それなら自信をもって使えますね!!」と目を輝かせていた馬場プロwww みなさんの会話が高レベルでついていけない自分…考えていることのレベルが違いすぎる(O_O)

みなさんツーカーで話ができているのに自分だけ頭の中が???だらけ。今年釣れなくてもフィールドに出て、少しでも話についていけるように頑張りたいと思います!!

松本さん貴重な機会をありがとうございました(^-^)

で、何に気づいたのか?

青木さんと釣りをさせていただいた時に薄々感じてはいたのですが…プロの見立てたエリア、スポット。という圧倒的に信頼できる条件下なら自分は力を発揮することができるということ!!

【亀山ランカー出現】たったの2時間半!ランカーをキャッチしたプロセスの全容!青木大介withのび太 – Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
7月某日、DSTYLE US TRIPから日本に戻ってきたちょうど1週間後くらいだったと思います。大変有難い事につり人社さんからお声がけ頂き、青木大介プロと夏の亀山ダムで同船して釣りをさせて頂く機会に恵まれました(^O^) こんな貴重な事はもう2度と無いと思いますので、ワタクシMr.ノーバイトこと、のび太がじ

逆にひとりで釣りをする時は「このエリアでいいんだろうか?」とか「このルアーでこんな釣り方でいいんだろうか?」とか迷宮入りして移動が増えるし、釣りのペースがどんどん速くなってしまい釣れるエリアに入れていても釣れないという…

弁慶の大会でも練習しまくって、エリアを絞れていてほとんど移動しない時は優勝できたし…H-1でも1箇所でタコ粘りでした。マグレでも場所や釣り方を知ったらそこから再現することはできる(誰でもできる)けど…そこにたどり着くまでのプロセスや確信。

そう、「コンフィデンス」が自分にたりない物だと気づくことができました。でも、それって経験値からくるものだったりするのかもですが自分の場合優柔不断な性格なので、確信を得るのが難しいんです。コンフィデンスといえば世界の大森さん( ´∀`)ww

人から聞いた場所や釣り方だけじゃなくてそれを見つけられるように成長していきたいなと思うことができただけでもめっけもんです。

がんばらねば…ってことで、Mr.ノーバイトの修行は続く…

COMMENT