AUTHOR

    Lancia

    BURITSU 編集長、だけど…初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中です!はやく上手くなりたい想いで平日釣行を重ねておりますΣ(´д`;) 下から目線の記事を心がけています。
    ---
    自分について

RELATED SITE

【釣り車にオススメ】耐水性・耐久性に優れたラバー製フロアマットをジムニーに導入してみた!

DATE : 2018.11.12

CATEGORY : 釣り車


以前、ハスラーに乗っていた際メーカー純正の安いフロアマットを使っていたのですが、運転席のかかとが当たる辺りが擦れてすぐに穴が空いてしまいました。

純正品の摩耗があまりに早かった事に加え、釣り場での泥汚れも考慮してどこでも売ってるような汎用的なラバーのマットに変更して使っていました。その経験を踏まえて選んだジムニーのフロアマットについてお届けします!


楽天で見つけたフロアマット専門店

ジムニーはマット類をメーカーオプションで付けず、サードパーティ品を探す事にしました。楽天で検索していると「アルティジャーノ」という車のフロアマットを専門に作っているメーカーを発見しました。

車両ごとに形状をあわせた専用設計のフロアマットを提供していた事と、ラバー素材がラインナップされていたことが決め手になって↑をオーダーしました。

こちらの商品はフロント・リアのフロアマットに加えてラゲッジマットも含まれて2万円くらい!! 純正品を購入するよりも価格も抑えられました♪( ´▽`)


ラゲッジルーム用は7枚組と3枚組の2パターンから選択可能。後席を潰してしまう予定の方には3枚組がオススメ! 自分は7枚組を選びましたが、取り付けが大変な上に↓こんな感じで継ぎ目ができるのがちょいと気になりました。


全体像はこんな感じ!
※固定前の写真です


ラゲッジマットの上にイレクターパイプで作ったラックを置くとこんな感じです。


いちばん手前のマットがすこし波打ってるのが気になる〜。やぱり3枚組みにすべきだったか…(ToT)

ちなみにフロアマットの方はぴったりサイズで完璧!!!


社外品ラバーフロアマットのメリット・デメリット

メリット

濡れたり、汚れても 水で洗い流せそうなので釣り車に最適ですね〜!メーカー純正品にもラバーのマットはありますけどね!見た目はそっちのほうが可愛いかも??

価格は多少抑えられました。


デメリット

ゴムっぽい匂いがするのが気になる人もいるかも? 摩耗性についてはまだ短期間しか使っていないので追って不具合があればこちらに追記したいと思います!!

他にもいろんな車両の専用品が販売されているのでご自身のクルマにぴったりのラバーフロアマットを導入してみては如何でしょうか!?

この次は室内灯のLED化とタイヤ交換を行ったので、またご紹介したいと思います!!

COMMENT