AUTHOR

    Mr.Nobite

    BURITSUのMr.ノーバイトがお届けする、素人目線の釣りブログ。購入した釣り具のご紹介、弁慶堀をはじめ房総のリザーバーや富士五湖、相模湖、芦ノ湖などでのバスフィッシングをメインに、海釣り等いろいろな釣りの釣行記を投稿しています!

    自分について

RELATED SITE

BESSの展示場ログウェイ巡り!小屋を建てる筈がワンダーボイドが第1候補に?【BURITSUロッジ計画その2】

DATE : 2021.03.15

CATEGORY : 釣りの家


前回の続き。土地だけ買って小屋を建てようとしていた自分ですが、そこからどんどん心境の変化があり今に至ります。今回はBESSの展示場、「ログウェイ」を見に行った際の写真を中心に、その時に感じたことを記録しておきたいと思います。

前提として、BESSの家に惚れ込んでしまったので基本はBESSから選びたい!でも一応、他のハウスメーカーさんのモデルもチェックしてみてる段階です。無印良品の「 陽の家」もかなり素敵な感じ…

LOGWAY BESS木更津

購入予定の土地が君津市ということもあり、帰り道に立ち寄れるBESS木更津にまずは行ってみました。この時点はイマーゴを2棟建てて、片方はシャワーとトイレを設置すればいいんじゃない?

と思っていた頃…

BESSの展示場は受付さえすれば、営業マンが張り付く事もなく自由に見回ることが可能です。それがとにかく気持ちいい!

木更津にはイマーゴと、ショータさんハウスの「ワンダーデバイス フランク」が展示されています。一目散に目当てのイマーゴを見にいきました。

イマーゴR

イマーゴは正方形に近い“イマーゴA”とちょっと細長い“イマーゴR”の2タイプがラインナップされています。木更津に置いてあるのはRでした。

テーブルを置いてしまうと結構窮屈な印象。これにベッドを置くのも結構大変かも…? イマーゴは住む事を前提に作られていないので不安な部分もあります。

とはいえ、予算も考えると小屋を建てるのが精一杯。一応フランクも見てみましたが、写真を撮ってないくらいでした(笑)

スタッフの方と話していく中で、「ワンダーデバイス ギャング」と「ワンダーボイド」というモデルなら多少価格が抑えられると教えていただきました。

1人で暮らす予定なので、ギャングで十分なんですよね。価格も税込で1588万円くらい。フランクは一番小さいモデルでも1875万円ですからコレならいいかも!と少し揺らぐ。

LOGWAY BESS京滋

続いて訪れたのは琵琶湖の近くにある京滋。この時点で、小屋を2つ建ててトイレやシャワーをつけてなんやかんやして500万とかかかるなら、それが将来的に無駄になるなら勿体ないのでは?という考えのもと、ギャングが候補にあがってきました。

が…ギャングは代官山にしか展示されていないと。しかも代官山はリニューアルの準備でクローズ中。さらにはリニューアルするとギャングの展示がなくなると!!!(汗

ギャングとワンダーボイドを比較しているうちに、ボイドが結構いいんじゃないか?説が自分の中で浮上。多摩で見れるそうなので、その予定を立てつつ滋賀にきたのでせっかくならと京滋にも遊びにきた感じです。

受付が自分が興味をもっていたBESS DOMEで中を見れたのは楽しかった!カッコいいなぁと思っていたんですけど、やはり使い勝手悪そうな気がするし、お高いし本当に贅沢品だなと再認識。

ワンダーデバイス フランク

京滋に展示されているモデルの中では、フランクが一番ボイドに近いので改めて中をしっかりとチェックしました。

フランクは吹き抜けの気持ちよさがいい感じですね。窓も大きいですし!光がかなり差し込んでいる印象です。

2階にあがって自分の作業場となるであろうスペースをチェック。ちょい狭いかな…?

琵琶湖の近くにあるBESSということで、釣り人が多く訪れるのか?釣具が飾ってあったり、魚モチーフの小物も多くて可愛かったです。

リビングはこんな感じ。料理は友達が遊びにきたときしかしないと思うのでキッチンはアイランド型ではなくオープンキッチンでいいかな…

一番見たかったのはお風呂でした。というのも、ギャングのお風呂はちょっとコンパクト?自分は浴槽に浸かるのが好きなので大きければ嬉しいなと…

ボイドの方はフランクと同じくらいのサイズな筈なのでサイズ感をチェックしたかったのです。

浴槽のサイズは今の自宅と同じくらいでした。全体のスペースとしては今より狭くなるけど十分なサイズ感。ただ、フランクはLIXIL製だけどボイドはハウステック製です。そういう所でコストダウンしている感じでしょうか。

これは別のモデル(確かカントリーログ)の寝室ですが、すっかりその気になっている自分… ↓

いやはや…やっぱりできればボイドを建てたい。そんな気持ちが強くなっていました。ネットでBESSの情報をかなりチェックして研究し、自分の用途的にはボイドかなと…

100坪という自分の土地のサイズにもちょうどいい気がしました。あとは、予算の問題。ここは母親が乗り気になってくれたことで…なんとかなるような流れに( ・∇・)

LOGWAY BESS多摩

紆余曲折を経て、ワンダーボイドが急浮上したので一番の目的はワンダーボイドのチェック。この日は母も妹も総出で見に来たので展示されている全てのモデルをチェックしました。

ファントム 6

ボイドよりも高いし狭いしで自分的には無しかなと思っていたファントム6。

コンパクトなので1人で住むには十分ですが…値段も高いし、釣具を置くスペースが厳しそうなので候補には入りませんでした。

ここを見るとギャングのサイズもなんとなく想像ができて、やっぱりギャングは無しかなぁ?と。

これは展示場内で参考にしたいと撮影した家庭菜園スペース!木で囲うと可愛い。でも、自分の購入する土地は猿や猪や鹿などの動物が結構多いらしく、食べられちゃうらしいDeath…

ワンダーボイド

第一候補に躍り出たワンダーボイド。コレを見るために多摩にきたので写真は多めに撮影しました。家のカタチも正方形で自分好み。

仕切りがほぼ無くて、からっぽな空間を自分好みにカスタムしていくのが好きな人向きみたいです。将来的に壁を作ったり色々遊べる箱って感じですね!

ドアを開けると土間が広がっています。ここにエレキやら濡れた釣具を置くのが凄く良さそうだなと。ただ、土間仕様にアレンジするには50万円ほどかかるのだとか…(汗

ボイドは収納がほぼ無いので、魅せる収納を目指さないとただ汚い感じになりそう…センスが問われます(汗

薪ストーブは取り付けたいと思っているのですが、ざっくり130万円程かかるそうだ。ストーブ本体はピンキリなのですが施工費がけっこうかかりそうですね。

土間の作業スペースもいいなぁ。リールをメンテしたり、ルアーを整理したり…夢が広がります。

見ての通り、薪ストーブがあるとちょい釣具が置きづらくなるので薪ストーブは却下になりそうな状況です。

妹は飾られているタンバリンやギターを手にとっていきなり「とたけけ ライブ」をはじめていました…(汗

バスルームは大満足のサイズ感。十分すぎます。しまった…洗面所とトイレの写真を撮り忘れた…(ヽ´ω`)

ダイニングスペースはかなり広々していて気持ち良い感じでした。広いテーブルでみんなでカードゲームをやるか…あるいは母親が好きなので雀卓を設置する事でしょう(笑)

1階はテーブルにして2階はローテブルで低く使う感じにしようかと妄想中です。

キッチンは使わない予定なのでどうでもいいですが…( ・∇・) オープンにしてホワイトをチョイスする予定。ボイドは壁を一部自分で塗って楽しんでね!という遊び心のある家なので壁は白で塗ろうかなと妄想中。

↑の写真の左の方に見える壁ですね。

2階にあがると左手にこんなスペースがあるので自分はここに作業机を設置する感じですかね。備え付けのテーブルを作りたいけど予算次第なので…

今回は手持ちのテーブルを設置する感じになるかとは思います(´・_・`)

シーリングファンは本体価格に含まれているらしい、よかった。

ボイドの2階は基本しきりが無いスケルトンタイプなのでかなり広々しています!ここのレイアウトは思案中だけど…ゲストルームは作れないのでみんなで雑魚寝でしょうね( ´∀`)

こちらは子供部屋イメージなエリア。こんな家に住んでたらめちゃくちゃワンパクな子供に育ちそうです!笑

壁が無いので収納棚を間仕切り代わりにする感じかな〜!ここもセンスが問われますね。妄想するのがめちゃくちゃ楽しい。

2階は仕事スペースとテレビやゲームを置いてダラダラするルームになりそうな感じですね。

いやー。かなりいい感じだなぁ。というのが見終わった感想でした。サイズ感も自分の思っていた通りだったし…

もっとログハウスらしいモデルもBESSには存在するわけですが、メンテナンスの事や価格を考えると自分にはワンダーデバイスシリーズがぴったりかなと思いました。

妹はカントリーログが気に入ったみたいです。将来的に東京の家を手放す事になったら、どこか景色のいいところにカントリーログを建てるのもいい気がします。

多摩のBESSは見学後に記念品をくれた…一番好感度高し! 現金な奴め!!笑

今の自宅は知り合いの方から譲っていただいた家で、内装だけリフォームしただけなんです。だから自分で家を建てるのははじめて!色々分からないことだらけだし、高い買い物なので緊張します…

現段階のイメージ

ということで、現状はほぼほぼワンダーボイドで決めようと思っています。陽の家も素敵だけど色々考えるとワンダーボイドがいいと思いました。

今週には土地の契約を終えて、BESSに手付金を一部支払って申し込みを終えられたらいいなぁ。

とはいえ、ここから土地の地盤をチェックしたり諸々の手続きや最終的な見積もりを出して契約までに2週間から1ヶ月程。そこで正式に契約を行ってそこから6〜7ヶ月で引き渡しというのが大枠の流れのようです。

今は混み合っていて最速でも12月くらいまではかかるんじゃないかというお話でした。来年の春までに使えるようになってたらいいなぁ。

いや、でも一刻も早く完成してほしい!という気持ちも(笑)

家を建てるのはいいけど、そこで予算が尽きてインテリアにまったくお金をかけられない予定なので…ここから何年もかけて綺麗にしていく感じだろうなぁ。

とりあえず、家の完成までにお金貯めなきゃですね。ということで現在節約中です( ・∇・) そして仕事も頑張りたいと思います!

途中途中の悩み事とかは結構すっ飛ばしましたが(笑)家を建てるにあたって行き詰まったところなど出てきたらまた記録したいと思います。

それではまた!

ことの発端はコチラ

【釣りの家】房総にBURITSUロッジ計画始動!釣りの為の2拠点生活は実現するのか!? – Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
突然ですが…わたくしMr.ノーバイトはこれから残りの釣り人生をより豊かにする為、千葉県の房総半島にあるダム湖の近くに拠点を作る計画を練っております。 ネットで色々調べているとブログで発信をしている皆さんの情報にとても助けられたので、せっかくなので自分も記録していきたいと思っています。

COMMENT