AUTHOR

    Mr.Nobite

    BURITSUのMr.ノーバイトがお届けする、素人目線の釣りブログ。購入した釣り具のご紹介、弁慶堀をはじめ房総のリザーバーや富士五湖、相模湖、芦ノ湖などでのバスフィッシングをメインに、海釣り等いろいろな釣りの釣行記を投稿しています!

    自分について

RELATED SITE

【防寒手甲グローブ】感度重視ならオススメ!Foxfireのハンドウォーマーを2種類買って使い比べてみた

DATE : 2020.01.25

CATEGORY : アイテム


自分は寒さに弱い自信があります。暖冬とはいえ冬になると防寒グローブの装着は必須!真冬の防寒装備の記事でもご紹介しましたが、個人的に防寒性だけならタイタニュームグローブがオススメです。

タイタニュームグローブ以外は考えられなかったのですが、バス釣りでの使用を考え、この冬ついに手甲グローブを買ってみました!しかも2種類!2つ買いたかった訳ではなく、結果そうなってしまったんですけどね(^_^;

今回は両方使ってみて、自分が感じた事をお伝えできればと思います!すでに手甲グローブを使っている方には今さらな内容になっています。

自分はRBBの指3本だけカットされているものを使用しています。トキ部員によるとシマノの方が指の露出が少ないのでより良いとのこと。この塩梅は好みもあるので実際に着用してみてからの購入が良いと思います!

感度を考えて導入してみた

ここ数年、冬といえばタイタニュームグローブ一択!なぜなら冬になるとバス釣りから離れて海釣りを楽しんでいた為に不満はなかったのです。

が、しかーし!

この冬はバス釣りに行く事も多くなりそうだったので、以前から気になっていた手甲グローブを導入する事にしたのです。

手甲グローブのメリットとデメリット

手甲グローブのメリットはなんと言っても手のひら・指が露出していることにより得れられるダイレクトな感覚。リグを組むなど細かい作業や、ライトリグなどの繊細な釣りに必要な感度を得ることができます。

実際にフィールドで使ってみた結果。やはりこの恩恵はかなり高いと感じました!

出典:Foxfire

一方で手のひらが露出しているが故に防寒性は劣ってしまうのはトレードオフなので仕方のないところですね(^_^; 極限に寒かったら自分はタイタニュームグローブを使ってしまうかもしれない…

Foxfireのハンドウォーマー比較

冒頭でも書いたとおり2種類のハンドウォーマーを購入ました。ケチって安い方を買ったら、高い方を試してみたくなったってハナシなんですけどね( ;∀;)

価格差

↓上がFoxfireのクロロプレンハンドウォーマーで¥2,970。下も同じくFoxfireのエクストリームハンドウォーマーで¥4,400。ということで約1,500円の価格差です。これがまた絶妙〜!まずは安価なクロロプレンを購入してみた。

手甲グローブが自分に合うかわからないしと、2,000円台で買えるクロロプレンハンドウォーマーに手が伸びてしまいました。ですが、買って使ってみるものの寒さが増すにつれて防寒性に疑問が出てきました。

うーむ…

そこで、青木大介プロも使用しているエクストリームハンドウォーマーを追加で購入してみることにしました。こちらは内側にボアフリースが使われていて明らかに暖かそうですからね!

冬のバス釣りで使ってみた結果…

めっちゃ最高〜!

特に手首の部分の暖かさは段違いです。ボアフリースのおかげだと思うのですが、手の甲とグローブのフィット感も高く装着していて気持ちがいい!

さらに、外側もストレッチ性の高い素材が使われているらしくツッパリ感もなくてよい!

本当はブルーではなくてシルバーが欲しかったけれど既に売り切れてました。来シーズン早めにゲットしないとな〜!

まとめ

ということで、Foxfireの手甲グローブを買うなら少し奮発してエクストリームハンドウォーマーを買うのがオススメです!これから購入する方が自分と同じ道を歩まぬようにこちらの記事を書いた次第です。お役に立てれば幸いです。

関連記事

【真冬の防寒】超絶寒がりがお届けする完全無欠の防寒アイテム15選 – Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
ども、超絶寒がりのMr.ノーバイトです。これから2月にかけてもっと寒くなると思うと…やるせ無いですね( ;∀;) そんな自分にとって、真冬の防寒対策は死活問題。つまり、自分が暖かいと思うものは完全無欠の防寒アイテムだと自負しておりますww どうか、皆さまがぬくもりに包まれますようにww

COMMENT