AUTHOR

    Lancia

    BURITSU 編集長、だけど…初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中です!はやく上手くなりたい想いで平日釣行を重ねておりますΣ(´д`;) 下から目線の記事を心がけています。
    ---
    自分について

RELATED SITE

【イギリス遠征】ロンドンのど真ん中でパイク釣りに挑戦するも撃沈!DAY1〜2

DATE : 2018.02.10

CATEGORY : パイク


実に突発的かつこっそりとイギリスに行ってきました。結果から言ってしまえば、残念ながら遠征中に1匹の魚もキャッチすることができませんでした…

しかし、今後の人生を変えるようなインパクトのある旅になりました。まずは初日〜2日目はロンドンに流れる運河で釣りをしてみたのでそちらをご紹介します! 主に風景写真がメインですが、とても景色が良いので目の保養にどうぞ!!

【ロンドンで釣り】Huerco(フエルコ)のパックロッドをスーツケースに詰め込んでイギリス遠征!準備篇 – Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
2018年の遠征第1弾はイギリス。昨日現地入りしたところです。アングリングバスでショータ部員が紹介していた「イギリスでのノーザンパイクの釣り」が気になって挑戦してみる事にしました!( ^∀^) 初日はピカデリー・サーカスの中華街でご飯 以前、BUITSU BLOGでも記事にしてくれていましたね!この時からいつ

現地に到着してすぐに↑の記事を書いたのですが、この時点では結構釣れる気がしてたんですけどね( ・´ー・`)ダロ?

ワクワクドキドキの初日

地上を走る電車「Overground」に乗って移動したのですが、日本のSuica的な「オイスターカード」を使った方がお得ってことでザワ部員に借りて1週間使えるZone1〜2の乗り放題券?を購入。このUIが全然分からなくて少し時間を食ってしまった…慣れれば難しくないんですけどね(^_^;


日本的には「チャージ」というイメージでいるので「あれ!?チャージ無いじゃん!?」とパニック!!イギリスではこういう場合の入金には「トップアップ(Topup)」という言葉が使われているので慣れればどこでもかしこでもトップアップという言葉が使われていたことに気づく。

釣りをするエリアは事前にショータ部員に相談させてもらって決まっていたのでとても助かりました。1日目〜2日目はロンドンを流れる運河。運河は「カナル」と言うらしい。


到着してビックリ(笑 事前にロンドンの釣り動画は見ていたものの…想像以上に細い!!(笑 しかも落書きとかされていてちょっと怖いww

日本でいうと原宿とか渋谷みたいなエリア?らしくそう考えれば落書きもあるか(^_^;


「釣りをしてOK」と聞いていても、知らない場所だと少し緊張する。恐る恐る竿を出して釣りを開始してみると、運河脇の小道はジョギングをする人や自転車通勤をする人?でかなり人通りが多くて竿を振るのにはけっこう気を使う。

英語をしゃべれないので万が一トラブルになったら悲惨…「あぁ、なんで真面目に英語勉強しておかなかったんだ」と後悔するが時すでに遅し。

今回、パイク用のルアーはビッグベイトとスピナーベイトがメイン。どちらもシーズンを問わずパイクに有効とのこと。せっかくなので、ダヴィンチを使ってみた!!

ちなみに、ショータ部員からお借りしたHuercoのXT610-4Cでもダヴィンチは扱えました(^O^)


運河には自転車やらショッピングカートやら…訳のわからないものが沈んでいるらしく、それに引っかかったらキツイ。表層付近から探ってみるものの反応がなく、続いてスピナーベイトに。

D-SPIKERをスローに巻いてくるとやはりたまーにボトムの何かにタッチする。釣れそう…で一度だけバイトっぽいものがあったけど今となっては水中の障害物だった気がしている(ヽ´ω`)

運河を降りながら怪しげな場所は丁寧に。テクトロも有効ということで試してみるけど、そういえば…「テクトロで釣ったこと一度もない」これで合ってるのか?自信が無い(´・_・`)


途中、
「You Fine!」

と顔をしかめながら言ってくる若者が居て、「Fine」って「素晴らしい」とか「優れた」とか良い意味でしか知らなかったので、なんで怒りながら褒めてるんだ?www って思ったんですがやはりなんかおかしい気がしてネットで調べたら「お前罰金だぞ!!」的な意味だったのか…( ;∀;)


釣りをしてはいけない場所ではないので、単純に釣り人が嫌いなのか日本人が嫌いな人だったのか…反撃もできずとても悔しい。このあたりから英語を喋れるようになりたい欲が増してきました。

ちなみに、怒られたことでテンションダウン。既に日本に帰りたくなったww

ヨーロッパは古き良き建物をできるだけ残していく意識が高いイメージで居ましたが、街を歩いていると近代的な建物も混在していたりして、そのミックスされた感じの街並みは自分的には好きだったりします。


↑この建物は近代的、こんな運河沿いに住んでたら毎日釣りしちゃうよww

で、その後なんの反応もない。イギリスの冬はかなり寒いイメージだったけど、思ったより暖かくてなんなら寒波の来て居た東京より暖かい。だから「釣れるでしょ!!」と簡単に考えすぎてしまったのも敗因か…いっても最低水温の季節ですからねToT


運河の歩道が一旦途切れるところまで来て折り返すことに。この辺りではよく話しかけられて、「何してるの〜?」とか「なんか釣れた?」とか「いやいやここ魚居ねーから!!」とか話しかけてくれるんだけどいい感じで返事できるスキルがないので、ほぼYesかNoでしか返事ができない、、悔しすぎる。


この辺りに、こんな壁画?もあってやっぱりパイクやらパーチはいるんじゃねーか!!!ヽ(`Д´)ノ と自分の腕の無さを悔やみながら、大雨の予報だったので「COSTA」というイギリス最大手のコーヒーチェーン店で昼食。


えー、1人では注文する勇気もなくて選んでレジにもっていけばいいという理由でココに…ダサいToT 案の定、雨がふってきたのでそのまま退散。

ちなみに今回、SIMフリーのiPhoneに空港で買った「Three」のシムを入れて使っていましたがなかなか快適! ほぼ設定なしで20GBだったか? のSIMが5000円とかで買えましたよ!GoogleMapsも見れるし、困ったら翻訳アプリも使えるし。イモトWiFiよりSIMフリー端末の方がやっぱり便利だなーと感じましたね( ^ω^ )


運河での釣り2日目

この日は前日よりも少し早めに出てみた。同じ場所ですから慣れたもので、スムーズに到着!!


日差しが気持ち良い!! 滞在中太陽が見れたのは2日あったかな?というくらい基本的に曇りで小雨まじりでした(^_^;


ほんとカッコいい。釣果よりも釣り場としてのカッコよさに惚れはじめていた…


相変わらず反応は無いわけです。


でも、めっちゃ素敵ですよね。これで釣れたら最高なんだろうなぁ…と思います。


この日は、D-SPIKERメインで流してみました。なんかファンキーな写真に(笑


で、昨日と同じエリアまでランガンするけど反応がない。この日は午後からザワ部員がロンドンを案内してくれる予定だったので早めに切り上げてロンドンの釣具屋さんに行ってみることにしました。


ロンドンの釣具屋さん「farlows」

運河がキングス・クロス駅の近くを通っていたのでその辺りで地上に出て散策してみました。随分前に家族とイギリス旅行にきた(妹がハリポタのロケ地を見たいという理由で)時にも訪れた場所なのでなんか感慨深い!!


とはいえ、まったく英語のスキルは伸びてないので…ただオッさんになっただけでした…しかし久しぶりにみても実にカッコいい駅だー!!


普段歩かないので歩き疲れてスタバで少し休憩しました。注文の時に「お名前は?」と聞かれて

ノーバイト:「Lancia」
店員さん:「?? Nancha?」
ノーバイト:「Lancia!」
店員さん:「??」

こんなやりとりがあって、カップには「N」と書かれていた(笑)
確かに「ら」と「な」って発音難しそう…(^_^;

気を取り直して(笑 釣具屋さんがあるというピカデリーサーカス駅へ向かう。


イギリスを訪れる前にチェックしていた「UK STREET FISHING」という日本人の方が運営しているブログでも、紹介されていたFARLOWS」という英国王室御用達のショップらしい(^_^;


雰囲気がよくて、高級感もありワクワクする。しかし…ここはイギリス。ほとんどがフライ用品でルアーのスペースは限られていた。日本のルアー、特にマルキューが多くてノリーズのワームも!!その他フック系のメーカー
は世界でも支持されているのを感じました。


ロンドン観光

釣具屋を見終えたらザワ部員と合流するためにホルボーン駅へ。


いろんなところで、こんな風↑にディスプレイされているのを見かけたのだけど、なんなんでしょう??ww


落ち合って、とりあえず散策しながらご飯を食べる場所を探すことに。


こんな自分好みの雑貨屋さんもあったり。


結局お昼はピザ屋さんに。この国やたらピザ屋が多い気がするのは気のせいだろうかww


その後、超ベタに大英博物館にいきました。


釣り具を持ち歩いていたので、入り口のセキュリティで止められて(^_^; 荷物を預けるハメになりました(笑 でもね、釣り具を持ったまま観光できるくらいパックロッドって快適でしたよ。

Huerco(フエルコ)のパックロッドは見た目もオシャレだから釣りをしない人からしたらパッと見は何を持っているのか分からないかもですね。


ロゼッタストーンの存在すら知らなかったけどその後勉強しました…知らないことが多すぎ。


「ほら!考える人だよ!!こんなに近くで見れることないから写真撮っときなよ!」とザワ部員にまくし立てられて撮影した「考える人」像ww


エジプトが面白そうすぎて死ぬまでに訪れたい場所リストに追加。


イルカ?っぽい壁画的なもの。


こんなのとかもめちゃくちゃオシャレで可愛い。


結構古い壁画っぽいんですが、シーバスらしき魚が描かれてる!!!

以上、釣り人目線で見た大英博物館でした( ^ω^ )

何より驚いたのは大英博物館が入場無料という点。信じられない!!!無料でこの展示内容とは…


このエヴァのヴィレの制服みたいな恰好(笑 でも、この3年くらいイギリスに滞在しているだけあって…ザワ部員の英語スキルはかなり上がっていた!!!ちょっと尊敬しちゃうくらいコミュニケーションをとれてました。まぁ、ノリで押し切っている部分もあるのでしょうけど。

超おすすめのロンドングルメ「FLAT IRON」

大英博物館を出て夕飯はザワ部員おすすめのステーキ屋さん。「FLAT IRON」ハッキリ言います。ロンドンを訪れたなら必ず立ち寄っていただきたい!!!!激ウマでした。


オシャレな店内だけど、イギリスのご飯って美味しく無いイメージがあったので期待してなかったんですが…


メニューはシンプルで、「THE FLAT IRON STEAK」10ポンド。


1600円しないくらいでしょうか。ステーキでこの値段なら日本でも比較的安めですよね〜。


じゅるり ( º﹃º` )

見た目も明らかに美味しそうだったけど食べて絶句!!!


うっ、、、
ウルトラ美味い((((゚ □゚;)!!

美味しすぎて…ザワ部員のステーキも数切れもらっちゃいました。あとで調べてみたら、いわゆる「ミスジ」肉のステーキらしく。そりゃ美味しい訳だ!!


イギリスのパブで…

食事の後は、パブでビールを…数口だけ飲んだ!(笑 普段お酒は飲まないのですがイギリスのパブとやらにきたので1番軽いのを頂きました。


釣りよりも観光のほうが充実している。1〜2日目でした。ちなみに日に日に釣れる気がしなくなっていって、そのやる気とともに写真の数も減っていきます(笑

途中別の記事を挟みつつ、イギリス遠征後半に続く!!!

使用タックル

ロッド

フエルコのXT610-4C

 Huerco フエルコ フィッシングロッド XT610-4C
ルーデンスフィールド
売り上げランキング: 76,496

リール

COMMENT