AUTHOR

    Lancia

    BURITSU 編集長、だけど…初級者釣り人。釣りの下手さは地獄レベル。バス釣りをメインに様々な「釣り」に挑戦中です!はやく上手くなりたい想いで平日釣行を重ねておりますΣ(´д`;) 下から目線の記事を心がけています。
    ---
    自分について

RELATED SITE

【シマノUSモデル】2018年ニューモデル「クラドDC」と「SLX」をタックルウェアハウスで購入して使ってみた感想!

DATE : 2018.10.01

CATEGORY : タックル, リール


Mr.人柱ことのび太北畠です。「今年は釣り具を買うお金を遠征費に回す!」ということで出来るだけ釣り具の購入を控えておりましたが…その反動かここにきて物欲マックス!(*´∀`*)

気になっていたシマノのUSモデル「クラドDC」と「SLX」をタックルウェアハウスで購入してしまいました。早速フィールドに出て使ってみた感想をお届けします!!結果から言うなら「クラドDC」はかなりイケてる!!

「クラドDC」と「SLX」について


2018年のICASTで「ベストフレッシュウォーターリール」を受賞した「クラド150DC」は2017年に発売された「クラド200K」をベースにシマノのDCブレーキシステムが搭載されたニューモデル。残念ながらクラドDC、クラドK、どちらも日本未発売。

そして、「SLX」という名のベイトリールが新登場!$99.99という低価格の入門機。マウンテンバイクのコンポーネントと同じ名称が採用されてロゴも同じ…自転車のことは詳しくないのですがSLXというコンポーネントは初心者向けじゃないですよね?? 何故同じ名前になったのでしょうかね!?


とりあえず触ってみて

とりあえず箱から開けて、ラインも巻かずに触ってみた印象から。


クラドDC


なんと言っても、見た目が良い!!デザインに関してはカラーもあってか?ちょいとダイワのスティーズチックな印象も受けましたがいい感じです。個人的にはメカニカルブレーキの調整ノブのゴールドと、緑がかったハンドルのカラー、サイドプレートのDCという巨大なロゴが少し微妙かなと思いました。


しかし、触ってみたら巻き心地の良さに驚きました!!価格は$249.99なので、スコーピオンDCの実売価格と同じくらい。それなのにスコーピオンDCには搭載されていない「マイクロモジュールギア」搭載でかなりシルキーな印象です。巻いているだけで気持ち良い(*´ω`*)


ハンドルはちょい長めでノブも日本のものよりも大きめ、力を入れて握りやすいので巻き抵抗の多い巻物全般には特に良さそうです。琵琶湖野郎の巻物に最適な気が!! 関東の人にはデカイ、重い、と感じるかもですがわりとしっかり感があってとても気に入りました。

クラッチの形状は日本仕様とは違うけどこっちの方が見た目も使い勝手も良い気が?? 日本の斜めになってるやつ糸がそこに絡んだりするし(^_^;


SLX


SLXは$99.99ということで、日本で言うとバスワンのような入門機だと思うのでリールの性能については期待していませんでした。

そこは案の定価格なりという印象。見た目はマットブラックでカッコいいんですけど、ブルーの差し色が合わせる竿を選びますね〜!


SLXというロッドも同時に発売されているようで、セットで使うならかなりイイかも!! ゾディアスはロゴがダサいのでSLXも日本で売って欲しいですねぇ♪( ´▽`)

中級グレード以上のベイトリールを使っている方なら輸入してまで買う価値はあまりないと感じました。あまり感情の込もってない感想ですみません(^_^; 買ってみたけど「なるほど」って感じです。

使ってみての感想!

リールが届いて早速豊英ダムで使ってみました!! この日は魚は釣れなかったんですがリールを付け替えて色々遊んでみました!!

クラドDC


家で触って感じていた通り、巻き心地最高!!抵抗の強いものを巻いて剛性感がどうかってのも試してみたいなと思います。キャスト時の安定感はさすがDC♪( ´▽`)

アンタレスDC、メタDCと比べてブレーキがどうかってほど違いが分かる男じゃないのでアレですが、DCブレーキシステムについては「I-DC4」というひとつ前の世代のブレーキシステムが採用されているので、最新の「I-DC5」のような細かいブレーキ設定はなく、サイドのダイアルで4段階の調整のみ。

でも必要最低限というか。十分です!


スコーピオンDCは「I-DC5」搭載なので、ブレーキ性能重視ならスコーピオンDC、巻きのシルキーさを重視するならクラドDCが良さそう(^。^)

マイクロモジュールギアが好きじゃない方もいらっしゃると思うのでなんとも言えないところでしょうか!?


とりあえずクラドDCについては買ってよかった!!と感じてます。バンタムMGLが今年買ったリールの中では一番のお気に入りでしたが…その座が怪しくなっている。こりゃ同じくUSモデルの「クラドK」も欲しくなっちゃいますね〜!っていうか…なぜ日本で売らないのだ(´・_・`)

SLX


こちらは実際にキャストしても価格なりの印象。$99.99ですからとにかく安いのは良いのですが(^_^; それ以外言いようがないっす(´・_・`)


レジットデザインの差し色「紫」との相性も微妙(´・_・`) 青い竿を使っている方にプレゼントするとしよう(*´∀`*)


最後にマニアックな下からのカットで締めたいと思います(笑

購入方法

どちらも日本未発売というととで、アメリカの釣り具販売サイト「タックルウェアハウス」を利用して購入することにしました。ちょうどアメリカで発売されたよ〜という投稿がシマノのノースアメリカのインスタにされていたのでサイトをチェックしたらいくつかのモデルだけ先行発売されていました。

「クラド150DC」は右巻きのノーマルギア、「SLX150」は右巻きのハイギアを購入しました。注文から1週間ちょっと待ったでしょうか、今回はなぜか時間がかかって到着。受け取り時に関税2500円(位)を追加で支払いました。


タックルウェアハウスではじめて買い物をする際、クレジットカードの登録?作業でとても面倒な事になった記憶があります。シャロー道さんのコチラの記事などを参考にデビットカード支払うと簡単みたいですね!

自分は知らずに苦労しました…英語もできないもので…(´・_・`)

10月15日にタックルウェアハウスに残りのモデルが入荷する様なので、クラドKとあわせてクラドDCのHGも買ってしまおうかな♪( ´▽`) どなたか一緒に注文したい方がいらっしゃったらご連絡ください(笑)

COMMENT